人気ブログランキング |

密林生活 junglebooks


月/火休 営業時間12時ごろ~20時ごろ TEL03-6914-1747 豊島区雑司が谷1-7-1 ★買い取り歓迎
by Junglebooks
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

読書感想文 三度~

以下は四月の初めに書いたもの。

昨日は美術館と行き帰りの電車で、
桐生夏生の『ローズガーデン』を読んでいた。

読了。
桐生夏生は初期の『顔にふりかかる雨』とか『天使に見捨てられた夜』から読んでいて、

探偵村野ミロシリーズは楽しみだったが、ローズガーデンはミロの短編集。

桐生夏生の世界にはエロスが伴っていて女性が書いた男性感だから、
わからないし、男は色々いるから、まあ一概には言えないけど、
安心したり安定してしまうと退屈なのではないかしら。

男を捕まえておくには一生危険な香りを放っておかないといけないのかもしれない。

それも面倒な事だ。

愛情の証明など出来ない話や危うい関係の中で夢中になり、安心できてもいたたまれなくなるとか、

う~んと考えてしまった。
人間を観察し、自分の考えや感じた事を文章に起こす才能は素晴らしい。

そういう才能に感嘆を覚える。

人に知らない世界まで感じさせる感性。

そして私は昨夜、男とは一生完全に分かり合うことはなさそうだと

諦めにも似た安心に身をうずめて寝た。

わかった様な顔をするのが嫌いだ。
わからないまま生きる。
by junglebooks | 2012-06-16 14:03 | 古本

読書日記まとめて~

下記は今年のはじめに書いたのかな?

只今電車で移動中。

今日はこれから私用でちょびっと出かけてから店に行きます。
昨日本屋で出来るだけユル~イ本が読みたいなぁと思って、

カレセンという枯れたオヤジ好きの本と漫画Holic(綴り間違いの恐れあり)を
息子がお年玉で大人買いしました。

とはいえ漫画は古本屋で。

どっちも面白かったなぁ。

寝る前に必ず何か読みます。
以前は電話鑑定の嵐で本もろくに読めなかったけど。

今は幸せだなぁ~。

年末はトランスパーソナルの宇宙論と霊的思考とか読んでたけど、
古本読んでたせいか既に考え方が時代遅れな感じだったなぁ~
自分が一番時代遅れだけどさ。


『知的呪縛』とかの方が為になった。
『うわさの人物』という特殊能力者との対談レポート(集英社)は面白かった。
書いてる人が大学の後輩だった。

その後ホリック読んだら『この漫画大量に資料使ってんなぁ』と感心。

でも実はホリック読むの二回目。前は友達に借りたの。
さて乗り換えだ。
by junglebooks | 2012-06-16 14:00 | 古本

読書会だから?読書日記一部公開 yuki

はずかし~~~~~~~~~~~~~~~

ずっとこっそり自分ブログに書いてたんですが、こんなヘンテコな文章でも
興味持ってくださる方がいらっしゃるなら、ちょっとだけ載せていこうと思いました。
昨年別のとこに書いた日記。

占いにはまりにハマって毎日タロットのち毎日易!
算名学もカバラ数秘も西洋占星術も夢中になったら、調べに調べ、
霊能力に興味持ったら実況見聞プラス本を読み漁って、体験記や理論、研究など色々調べた。
ヒーリングもアチコチ興味持って覗いた。色んな事をしてみたが、
私にはカードリーディングや心理学の方が合っているみたいだった。

偶然と必然、潜在意識、深層意識と現実の境界にものすごく興味がある。

そんな私の次なる興味はパワーストーン。

今更遅いとアチコチで叫ばれそうだが、まあ仕方ない。

ハマり時は私が決められるものではない。
石の特性、効能?作用??石の組み合わせを勉強し、鉱物事典やパワーストーン大百科で歴史や言い伝えなど調べて新しい発見に驚いている。
『石の来歴』は奥泉光の小説だが、奥泉光は早いうちちゃんと読もうと思い続けてなかなか読めずにいた。

みんなからクワコー先生シリーズを読むように勧められたが私には今石がマイブーム。
石の来歴から読むことに。

最初から興味深い。
小説は読んでいる時に間違えて覚える恐れがあるが効率がいい。
流れで覚えられる上作家さんが何十冊も調べた本の知識がいただけるのだ。

学習は面白くないと頭に入らない。
興味を持って夢中な間はまた色々読もう。

で日を変えた読了記が下記・・・
あっさりだけど、結構沁みていました。

『石には宇宙が刻印されている』
『変哲のない石ころひとつにも地球という天体の歴史が克明に記されているのである』

かような冒頭部分と文庫後ろの紹介文を読み、
昨日電車の中と寝る前に読みましたが、こわ~い!の感想が一番先に…いやはやこわいっす。

奥泉光はすごい才能らしく、こういう重くて暗いのから、コメディタッチのまで書いているそうですが。

怖くてでも文章が綺麗で悲しみに溢れていた。
悲しいのが怖いのかも。
私はいつも悲しい時はこわいのだった…
by junglebooks | 2012-06-16 13:55 | 古本

最新の記事

お店のご案内(最新記事はこの..
at 2018-12-31 13:27
12月のスケジュール
at 2017-12-02 17:24
ジャングルCD市 「MUSI..
at 2017-01-02 01:44
9月9日から11日はのんき市..
at 2016-09-08 17:56
サングリアル~王への羅針盤~..
at 2016-04-05 14:46

リンク

JUNGLEBOOKS HP

最新のトラックバック

夏目漱石の『心』から見る..
from やねせんカレンダー
FUTURE DAYS ..
from やねせんカレンダー

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

本・読書
イベント・祭り

画像一覧