人気ブログランキング |

密林生活 junglebooks


月/火休 営業時間12時ごろ~20時ごろ TEL03-6914-1747 豊島区雑司が谷1-7-1 ★買い取り歓迎
by Junglebooks
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

土砂降りの一箱市

e0178150_1316256.jpg

e0178150_13162590.jpg

e0178150_13162517.jpg

e0178150_13162580.jpg

e0178150_13162568.jpg

恥ずかしながら、朝起きたら9時!
ひえーっ急いで青秋部に電話するも、同姓の人に間違えてかけていてまたひえーっ。
寝ぼけてる慌てている!
実行委員のYさんに電話をし、出発!

今回はトンブリン案の一箱市公式箱?を購入して出掛けるがデカい…

夫が運んだけどかなり苦しかったようだ。
まあ荷物があるからいつもの1.5倍の時間をかけて行く。
コシヅカハムに出店する予定だったので駅から近くて救い。

トンブリン箱は開けたらすぐお店が出来る優れものなので、着いてバタバタして時間内にすぐ開店。

夫に今回『ジャケ買い』という緩い出店をした事で
『これで売れたらびっくりだな!誉めてやる!』
と上から目線で言われるも我ながら
ジャングル通信はつくるは(誤字三文字みっけ〜)それなりに努力はしているのである。

まあジャケ買いなだけあって箱の写真をご覧になればわかると思うが見た目はよろしきかな。

トンブリン箱に入っているとまた綺麗に見える。
着いて漸く開店してすぐに夫に『人気のなさNo.1』と言われていた堀田善衛の『19階日本横丁』が売れる!
やはりジャケ買い人口は確実に存在するのだ〜
『19階日本横丁』の装丁は大変に美しい。
その後雨足は強くなりお客様が全然いらっしゃらない。いらしても購買意欲が落ちている。

私達はメンチカツだのコシヅカのハムだの買ってワインを飲みながらだらだらする。

石英さんがいらして下さり久世光彦の『卑弥呼』をお買い上げに…雨の中有り難いしお顔が拝見出来て嬉しかった!

その後古書ほうろうさんやナンダロウさんも様子見に
ほうろうさんに
『画数の多い本が多いですね!』
と言われて初めて気付く。
うーんジャケ買いの秘訣は賢い感じに惹かれたのか?
情けなや。

知り合いや色々な方がいらして下さり、雨の中ボチボチでも売れて行く。
だいこん胴さんや千葉の放浪書房さんもいらっしゃり、お買い上げ頂く。

谷根千で知り合った沢山の方々やわめぞメンバーも来てくれて、(ごめん書ききれない)
お酒が入って気分はノリノリ。

雨で本が濡れないように夫がコシヅカに来る方々の傘を預かっているのに
古本屋魂を感じた。
濡れたら台無しだよね!

一箱市の前日に店近所のおばあちゃんから引き取り依頼のあった文京区の歴史本と絵葉書は人気でパーッと売れてしまった。

色々な人の協力と私の積年の愚かな買い物が少しずつ旅立って行く。

周りの出店者や助っ人さんたちと話しながら雨のお祭りも楽しく過ぎる。

今回出店しなかったとみきち屋さんの風太郎さんも夕方いらして無理に?買って下さる。
それでも有り難い。
皆様売っちゃって下さい。

最後の方に石英さんのお嬢様がいらして別役実の『そよそよ族 うつろ舟』をお買い上げに。
古事記ベース地図つきのヘンテコな絵入りだが、私としてはなかなか楽しめる逸品でした。

本はヘンテコならヘンテコな程ジャケ買いの甲斐があります。
夕方値下げするも、
もう閉店時間が来て片付けなければならず焦っていたところに
これ以上値下げ出来ないから無理という状態でお客様に(文庫は殆ど利がないゆえ)お値段を伝えてかなり値下げし、
『ハードカバーなら値下げ出来るけど、文庫は無理なんです。ごめんなさい』とお伝えしたら、しばらく粘っていらしたが『夫がスミマセン閉店時間なので』とすまなそうにこれ以上無理なんです。と言ったら
『だったらいらないわ!』と函に本を投げ込んでいかれて、よくわからなくて驚いた。
凄く怒っていたけれど、何だったのか今もよくわからない。

でそんなこんなで集計し随分殆どの本を安くつけた上さらに値びいてしまったが
売上は何とか五桁に行きました。

ジャケ友が出来たようで嬉しかったです。
『勿論ジャングルさん来ますよね!』とみんなに打ち上げの常連なのミエミエで喜び勇んで酒を飲みに。
たけうまさん、ドンベーさん、北方人さんと見知った顔の席に。
岡武さんもいらして、後から嫌気箱さんもいらっしゃるが何度もお会いしていたものの
その素晴らしき愛のある毒舌、アップテンポの話芸を目の当たりにし、良い話を聞いたと感心しきり。
最近時々あう、谷根千メンバーや久しぶりの人や初めての方、夫がみちくさ市で仲良くなった方、先日急にお伺いしてご迷惑かけた『古書赤いドリル』さんや
今回は私はあっちこっちフラフラして色んな方々とちょっとでもお話したかったのでした。

あー楽しかった。
ナンダロウさんにおやじ書房新社のTさんと
『すきなんだよう〜』と叫ぶがうるさい二人に言われて全くスルー。笑

大馬鹿な酔っ払いぶりだったが、そのまま二次会へ…行こうとしたら岡武さんと脳天松さんに声をかけられる。
『ジャングルカラオケ行こう!』
誘われたらどこでも行くジャングル!
ましてや岡武さんと脳天松さんと遊ぶのは初めてなのでぴっぽさんも誘ってカラオケへ。
岡武さんは選曲が可愛らしく、やはり言葉にこだわりのある歌チョイス。
脳天松さんと相当に趣味と気持ちがマッチしており、かな〜り微笑ましいカラオケ風景。
歌姫ぴっぽさんはやはりファンタジックシンガーで言葉の人なので美しい発音で歌う。
可愛らしく美しくいるだけで幸せになった。
夫と私は相変わらずのどら声でしたが、楽しい濃い1日でした。

雨でも楽しかったよ一箱!
また春に行くよ〜
by Junglebooks | 2010-10-11 13:16 | 一箱市

最新の記事

お店のご案内(最新記事はこの..
at 2018-12-31 13:27
12月のスケジュール
at 2017-12-02 17:24
ジャングルCD市 「MUSI..
at 2017-01-02 01:44
9月9日から11日はのんき市..
at 2016-09-08 17:56
サングリアル~王への羅針盤~..
at 2016-04-05 14:46

リンク

JUNGLEBOOKS HP

最新のトラックバック

夏目漱石の『心』から見る..
from やねせんカレンダー
FUTURE DAYS ..
from やねせんカレンダー

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

本・読書
イベント・祭り

画像一覧