密林生活 junglebooks


月休 営業時間12時ごろ~20時ごろ TEL03-6914-1747 豊島区雑司が谷2-19-13ステラ護国寺B1F ★買い取り歓迎
by Junglebooks
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

暗黒大陸2 怨カルトナイトレポート

ずーっと文字起こし出来なかった暗黒大陸2の『怨カルトナイト』ですが、
ようやく3分の1起こせました。(手書きで)

4回か5回に分けて発表します。
ゆるいといってもゆるさのレベルがアップし本当に自由でした。

オカルトに興味と知識があり、情報収集して発信している虎バタ子さんもトークに参加して下さいました。
早速!始まります。

三人いて自己紹介もせずスタート。笑
(三名・平山亜佐子、虎バタ子、ユキ 以後略は平、虎、ユ)
私が仕切りもしないので平山さんが仕切りをして下さいます。

BGMが流れますが、
ケンセレクトで、エクソシストに使われたチューブラーベルやゴブリンのホラーモノから。

平 お暑い中有難うございますー。

ユ 本日は怨カルトナイトにようこそ〜
  ジャンルとするとトンデモ本から 行きますか?

平 えっ?トンデモ本
じゃあファチマ??
では、今日は第一部は、オカルト、スピリチュアル、カルト本について話します。
二部は和気あいあいと怪談ですー。
本が多いのでジャンルを分けてみました。
こちらに山があるんですけど。
(テーブルの上に分けられた本の山) 
e0178150_13213021.jpg


一応トンデモ本からって事で。
でも、トンデモ本って呼ばないでっていうくらい
日本人が知っておきたい3大予言オカルト本です!   

皆さんファチマの大予言ってご存知ですよね?
e0178150_13213198.jpg


  

平 1917年の5月13日にポルトガルのファチマという小さな田舎の村で、
3人の少女がマリア様の出現を受けて、
そのことを村の人たちに話したんですね。
それで毎月13日に出ますって予言があって実際に出たんだけど、
最終的には世界中から見物客が押し寄せて、
皆がいる前で太陽がぐるぐる回ったり、
集団催眠と言われればそれまでなんだけど、
奇跡と呼ばれる何かが起こって、
今ではここに大きい教会が建っているようです。
で、予言の内容は三つあるんですが、当時は第一次大戦中だったのでそれが終わるっていうのが、
ひとつ目の予言。
二つ目の予言が第二次世界大戦が始まるってことや、
米ソの冷戦についてでした。
で、第三の予言っていうのが1960年代になったらけ明かしてよしってことだったんだけど
未だ明かされず、ハイジャックしてファチマの予言を教えろって人が出たり、
予言の内容を知った歴代の教皇がみんな失神したりという逸話があります。
大分あとになってから、
『あれは教皇暗殺のことでした~ww』
みたいになったんですが誰も信じておらず、いまだ謎です。
失神するくらいだからこの世が終わるとか戦争規模のことだと思うんですけどね。
いずれにしてもこの本、1960年代位の話だから話が前後して凄い分かりにくいんですよ~。

口絵がね~
(本を開く。写真がある)
 凄いんですよ~
e0178150_13213382.jpg


ユ 怖いよね~

虎 血の涙を出すマリアさま~

平 当時私カトリックの教会にいってて、そこの本棚でみたってゆう・・・
 
虎 大丈夫なのか?その教会?

(マリアの写真に血の涙とシミの口絵・・・)
 
ユ これさ~内臓に見えるんだよね。
 
虎 ちょっとモツッぽい。

平 これは写真なんですよ、マリア様の写真に血の涙が出てるの。

虎・ユ 写真なの???

平 マリア像にも血の涙が出てるものがあるけど、
これはモノクロ写真に血の涙が出てるの。
あとは、他の場所で起こったマリア様の出現とか・・・まあいいね
(たくさんある中から別の写真をさし)
これはペンライトで書いたんじゃないですよ~
(ペンライトで書いた様な筆記体の光の文字の写真)

虎 何?
 
ユ 1972?

平 これはね~奇跡です!笑
ファチマでマリア様出現に遭ったヤシンタっていう少女の名前が書いてあ
るんですよ~
1972年はこの時点では未来のことですからね。
で、続編の『ファチマ大予言2』って本も似たようなものなんですけど、
トラウマもんの写真があります。    
    
皆さん!
悪魔の写真を見たことがありますか?
(虎 周りも ふふふふふふと。)
e0178150_13213458.jpg


   悪魔ですこれは!

虎  まーこわい!
  
ユ  絶対マリア様のが怖いと思うんだけどな~

平 あれもコワイ!
  これは馬に乗って拳を振りまわし権力を主張する・・・あっ死神だった!!!
  左は悪魔の軍団。右は魔女が写っているんだって。
(黒い左に塊があり、真中になんとなくな人型?右ももやもやした写真)

ユ えっ?どこどこ???これ?

平 ○して1、2、3とかして欲しいよね。
  心の目で見よ。



虎 (表紙の事を)草間チックな何かと思ったら血だまりなんだ。

平 そう。 これは当時小学生だった私のトラウマ本です。
   このころ、昭和50年代後半はまだノストラダムスとかが信じられていたんで、
   世界の終りが身近だったっていうか。

ユ 子供心に恐怖に怯えてましたよ。1999年7の月。

平 核戦争なのか最終戦争かわからないけど、
  何かが起こることを信じていた古き良き時代の一冊でした。
  
  そうだよね~怖い本だけど古き良きなんだよなっと思いましたよ。
  まだ2つの震災も原発事故も起きてない日本での恐怖の出版物。
  長い夜は続くので割愛しつつ出しますがまずはファチマから。

  もちろん続きます。
e0178150_1321379.jpg


  
[PR]
by Junglebooks | 2013-09-01 13:04 | イベント | Comments(0)

雑司が谷選集参加者募集 

ジャングルブックスの読まなくていい読書会改め、
雑司が谷アンソロジー改め

雑司が谷選集


タイトルは3ッつとも全て、往来座の瀬戸社長にお考え頂いております。(笑
読まなくていいことにまったく変わりはありません。読んでこなくても十分面白いです!!!

日時12月1日(土)18:00~21:00まで
ジャングルブックスに集合して最初の30分雑司が谷霊園にちょっと散歩に行くそうです。
戻ってから雑司が谷選集です。

今回は

夏目漱石の『心』から見る
雑司が谷霊園と
霊園に眠る作家たち


がテーマです。

語り手
雑司ヶ谷霊園石仏研究家 星跡堂主人
余吾 育信


http://zoushigaya.seesaa.net/

古書 往来座店主
瀬戸 雄史

http://www.kosho.ne.jp/~ouraiza/



いつも通り参加料1000円
打ち上げ飲む人1000円飲まない人700円

定員10名

連絡先
junglebooks@castle.ocn.ne.jp
田波まで(どちらの田波でも大丈夫!)


下記は前回の余吾さんの手作り資料です。凄いでしょ?810年から調べてある。

e0178150_1332125.jpg


瀬戸さんは朗読の時音楽もセレクトしてくださいました。

金髪のジェニー
http://www.youtube.com/watch?v=0qStXzmO2Qk

ブラザー軒
http://www.youtube.com/watch?v=dArOtb5V4Nc

カチューシャの唄 松井須磨子
http://www.youtube.com/watch?v=TiMpE83f8GM

カチューシャの唄 倍賞千恵子
http://www.youtube.com/watch?v=OPTa3OFxGU4


以下が前回の様子です。
http://jbooks.exblog.jp/18496672/



[PR]
by junglebooks | 2012-12-01 13:30 | イベント | Comments(0)

読まなくてもいい読書会~雑司が谷アンソロジー

ジャングルブックスの読まなくていい読書会 第3回

日時
2012年6月16日(土)
開始時間 18:30から終了時間 21:00くらいまで



テーマは
『本の中から雑司が谷』
です。

色々な作家の小説やエッセイ、日記、また地域の古い文献などの中から
『雑司が谷!』の街や人場所がほんの少しでも出てくるものを探してお話しします。

本の中から雑司が谷ですが、ゆるく創造的に(想像的に?)を目的とした会にしたいとおもいます。

 『アンソロジー雑司が谷』検討委員会会議>
―――参加者の皆様が会員です。
『アンソロジー雑司が谷』刊行に関係ありそうななさそうなお話を
テキトーにいたしましょう―――

『アンソロジー雑司が谷』という一冊の未完の本を巡る他愛無い飲み会的会議、
というのが目標です。




前回と同じく案内役の瀬戸さんと語り部の余吾さんが雑司が谷を面白く語って、しかも勉強になる〜

雑司ヶ谷霊園石仏研究家 星跡堂主人
余吾 育信

http://zoushigaya.seesaa.net/


古書 往来座店主
瀬戸 雄史
http://www.kosho.ne.jp/~ouraiza/


勿論読んで来なくて大丈夫ですが、『こんな雑司が谷の文章ありますよ〜』って方は是非ともお持ち下さい。


雑司が谷ご当地グルメの打ち上げもあります。
(打ち上げ代は別途頂きます。飲む人千円。飲まない人五百円)


場所 ジャングルブックス

参加費 千円


定員12名
(定員になりしだい締め切らせて頂きます。)
残席わずか!!!

ご連絡は
0369141747
junglebooks★castle.ocn.ne.jp
★を@に変えてお送り下さい。

お待ちしています。

Tags:#雑司が谷 #読書会 #アンソロジー
11retweet
[PR]
by Junglebooks | 2012-05-25 14:07 | イベント | Comments(0)

ジャングルブックスの読まなくてもいい読書会2 ~雑司が谷アンソロジー前回の今更まとめもう一度。

ジャングルブックスの読まなくても良い読書会2
~雑司が谷アンソロジー前回の今更まとめもう一度。

もうすぐジャングルブックスの読まなくても良い読書会3が開かれます。
で、前回のまとめで大事な資料を送って頂いていたのに発表していませんでした。

以下余吾さんから頂いた、前回の雑司が谷読書会の時に発表に使った資料の一部を
教えて頂きました。
とにかく、余吾さんと瀬戸さんは毎回丁寧な下調べと、資料に驚きます。

うちの店でやっていただくには申し訳なくなる時もあり。。。
まあ余談ですが。
昨日とあるのは読書会の次の日に資料を送って頂いていたのに私がサボっていたのです。

昨日、「雑司が谷」の表記に関して、
一番、古い資料と云われている「小田原衆所領役帳」(「北條分限帳」)永禄2(1559)年の
現存最古の写本は、内閣文庫にある元禄5(1692)年ものですが、
これを写した僧侶の居た王子の金輪寺のHP
→ http://www.tesshow.jp/kita/temple_kishimachi_kinrin.html"

内閣文庫の本は未だデジタル化されていませんが、
早大図書館のアーカイブで天保9(1838)年の写本が見られます。
何と、滝沢馬琴手沢本のようです~!
→ http://www.wul.waseda.ac.jp/kotenseki/html/i04/i04_00600_0132/index.html

その中の「雑司谷 中村二郎右衛門」記載部分
→ http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/i04/i04_00600/i04_00600_0132/i04_00600_0132_p0035.jpg
「雑」の字が「雅」になっているのを朱入れされています。


以上、追加情報として、
参加された皆様にお知らせ下さい。よろしく~

下記後日・・・再びメールをくださいました。これも私がサボってました。すみません。

さて、
早大図書館の金子直徳の『若葉の梢』、以前は画像データ化されてませんでしたが、
既にデータ化されたようで、以下で見られますので、
これもみなさまにお知らせ下さいませ。

和佳塲の小図繪 [書写資料]. [上],下卷 / 紫磨子直徳 撰著

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/ru04/ru04_04407/ru04_04407_0001/ru04_04407_0001.html

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/ru04/ru04_04407/ru04_04407_0002/ru04_04407_0002.html


早大図書館には他に版本で
『甲州路諸靈塲延嶺往詣順導記』(コウシュウジ ショレイジョウ エンレイ オウケイ ジュンドウキ)
金子直徳 撰  版元 丹波屋甚四郎, 天明8[1788] があります。



http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/ha04/ha04_02722/






往来座の瀬戸さんは前回永井荷風の『断腸亭日乗』を題材に雑司が谷を語られましたが、
写真がなくて残念ですが、梅の花を黄色く染めた蝋梅を作ってらしたり、雑司が谷アンソロジーの本の
装丁を作ってくださったりして、
(雑司が谷アンソロジーの往来座通信での記事
http://ouraiza.exblog.jp/17094013/

パフォーマンス性も高く学術、地域、自由な発言のやり取り、等、ほんとにおもしろかったです。

前回の最初の記事は以下です。
http://jbooks.exblog.jp/17290409/

次回こうご期待!!!
[PR]
by Junglebooks | 2012-05-25 13:42 | イベント | Comments(0)

ジャングルブックスの読まなくてもいい読書会2 再校

往来座店主 瀬戸雄史さまの新提案により、内容は変わりませんが継続していくために
楽しいアイデアをいただきました。
再校します。

ジャングルブックスの読まなくていい読書会 第2回

日時
2012年1月28日(土)
開始時間 18:30から終了時間 21:00くらいまで


テーマは
『本の中から雑司が谷』
です。
色々な作家の小説やエッセイ、日記などの中から
『雑司が谷!』の街や人場所がほんの少しでも出てくるものを探してお話しします。
<第2回 ジャングルブックスの読まなくてもいい読書会
でしたが、
下記に変更。内容は変わりません。
本の中から雑司が谷ですが、ゆるく創造的に(想像的に?)を目的とした会にしたいです。

 『アンソロジー雑司が谷』検討委員会会議>
―――参加者の皆様が会員です。
『アンソロジー雑司が谷』刊行に関係ありそうななさそうなお話を
テキトーにいたしましょう―――


 突然で申し訳ございません。『アンソロジー雑司が谷』という一冊の未完の本を巡る他愛無い飲み会的会議、
というのが目標です
。いやーーーすばらしいアイデアです。
 もしよろしければ、そんな感じで!


上記が瀬戸さんから来たメール。文体がかわいいのでそのまま引用させていただきました。

前回と同じく案内役の瀬戸さんと語り部の余吾さんが雑司が谷を面白く語って、しかも勉強になる〜

雑司ヶ谷霊園石仏研究家 星跡堂主人
余吾 育信

雑司が谷 日乗

古書 往来座店主
瀬戸 雄史

往来座
勿論読んで来なくて大丈夫ですが、『こんな雑司が谷の文章ありますよ〜』って方は是非ともお持ち下さい。


雑司が谷ご当地グルメの打ち上げもあります。
(打ち上げ代は別途頂きます。飲む人千円。飲まない人五百円)


場所 ジャングルブックス

参加費 千円

定員12名
(定員になりしだい締め切らせて頂きます。)
残席わずかです!

ご連絡は
0369141747
junglebooks★castle.ocn.ne.jp
★を@に変えてお送り下さい。

お待ちしています。
[PR]
by junglebooks | 2012-01-27 14:45 | イベント | Comments(0)

はじめての読まなくていい読書会♪

e0178150_1573458.jpg


ジャングルブックスの読まなくていい読書会『漱石と雑司が谷』
記事遅くなりました。
携帯で記事アップする癖がついているのでPCで書こうとすると遅くなり、結局携帯でアップしています。 汗

ツィッターで皆様が沢山感想を書いて下さったので、ツィッターを読んでいた方にはある程度雰囲気は伝わっていたと思いますが、

場所を提供しただけの主催側が申すのも何ですが、本当に面白く、勉強にもなり、ノンビリしたいい読書会でした。

今回は雑司が谷で石仏研究をなさっている上、夏目漱石をずっと研究なさっている余吾さんが語りをして下さいました。
そして雑司が谷を愛してやまず、墓地や文人や書籍と幅広く興味を持ち勉強なさっている瀬戸さんが聞き役で。

お二人とも事前に作って来て下さった資料も素晴らしく、また被らない資料をお持ち下さったので21セットでものすごく濃厚な内容。

e0178150_1583245.jpg

お申し込みも多く定員オーバー。ギュウギュウと入りました。

e0178150_1585817.jpg

e0178150_1593422.jpg


写真でも分かる通り瀬戸さんは展示用の年表とフリップをお持ち下さり、
余吾さんの専門的かつマニアックとも呼べる素晴らしい知識がより分かりやすくなり、これ以上のコンビネーションはのぞめない気がしました。

お二人ともとても語り口がソフトなのでお客様もやはり『読書会』の名に相応しく、それぞれ質問やご意見も自由に伸び伸びと笑いの耐えない二時間半でした。

e0178150_15101311.jpg


余吾さんの漱石の知識は明治に留まらず江戸まで遡り、漱石の家系図や祖先から話しが始まり、
漱石と雑司が谷の関係性は墓だけと思っていた全員に衝撃を与える
『漱石の祖父は雑司が谷の茶屋で亡くなっていた!』という話題でかなり盛り上がり、また漱石が雑司が谷の句を新聞に載せていた等本当に面白いお話がドンドン出て、もっともっと聞きたくなりました。
瀬戸さんの雑司が谷の作品を書いた作家年表や
文章の一部を抜粋した資料の朗読などなど私にはまとめきれないほど聞きどころ満載でした。

国民新聞に載った句(1908年11月3日)は『公退や菊の閑ある雑司が谷』です。
今後も物議をかもしだす内容・・・


e0178150_15105833.jpg



皆様、私の説明不足を是非とも実体験しに次回はいらして下さい。
今回お越しの方は都合が合えば次回もと仰有って下さっていて、喜ばしい限り。

終了後は懇親会というか親睦会というかの打ち上げがあり、
私共ジャングルのした唯一の雑司が谷空気の出し方と言えばご当地グルメを出した事です。

肉の大久保の揚げ物、伊勢屋さんのお惣菜とカワキモノ、赤丸ベーカリーのパン、八百屋の栃木屋さんで買った野菜で作ったサラダ、地元の酒屋さんで注文。

ご当地グルメ。次回も気合い入れます!

写真を撮って下さったのも下記の感想も旅猫雑貨店さんです。

★昨晩の雑司が谷・ジャングルブックスでの漱石読書会、非常によい雰囲気で「読まずに参加」できて、終了後は「読みたくなる」という素晴らしい展開。打上げで出された雑司が谷ご当地グルメ(大久保肉店の揚げ物、アカマルベーカリーのパン、いせや食品のお惣菜)も最高でした。
[PR]
by Junglebooks | 2011-07-29 15:04 | イベント | Comments(0)

雑司が谷読書会

イベントのお知らせです。
ジャングルブックスの読まなくてもいい読書会
 「第1回 漱石と雑司が谷」~百年はもう来てゐたんだな


日時 7月16日(土)18:30~二時間くらい

雑司ヶ谷霊園石仏研究家 星跡堂主人
余吾 育信
雑司が谷 日乗

古書 往来座店主
瀬戸 雄史
往来座


タイトル通り本を読まないでいい読書会です。
ご案内のお二人の楽しい雑司が谷談義と共に本のお話をしていきます。
難しい事は考えず、とにかく本と親しみ、雑司が谷の土地と文学の関わりに触れる会です。
雑司が谷に関心のある方やお住まいの方に、
文学を通して共に雑司が谷を好きになって頂けたら・・・

第1回は 漱石と雑司が谷です。
夏目漱石の書いた小説だけでなく、漱石と雑司が谷の事が書いてある他の作家の文章も見つけて
色々お話します。
ご参加の方は手ぶらで参加して、楽しんでくださっても、ご本をお持ちになって
『こんなのありますよ。』とご紹介頂いたり、自由に話し、聞きましょう。


参加費1000円

打ち上げが読書会後あります。
☆持ち込み大歓迎です。打ち上げの準備はこちらでしますが読書会中は御持込みで食べたり飲んだりご自由にしてください。

定員10名
定員に達しました。有り難うございます。次回もまたよろしくお願いします。
申し込みはjunglebooksまで
メルアド junglebooks■castle.ocn.ne.jp(■=@)
電話03-6914-1747



[PR]
by junglebooks | 2011-07-16 11:41 | イベント | Comments(0)

フォロー中のブログ

最新のコメント

くぼたさま 今更の..
by Junglebooks at 21:32
はじめまして。カセットブ..
by くぼた at 09:14
コメントに気づくのが遅く..
by junglebooks at 12:45
コメント有難うございます..
by Junglebooks at 01:16
ご無沙汰してます、折角告..
by CLS at 17:13
此方でも告知して頂けると..
by CLS at 18:50
CLSさま:みちくさある..
by Junglebooks at 15:10
近所に居住する者です..
by CLS at 18:23
シェインさん 書き込みあ..
by junglebooks at 13:45
中脇初枝の新作は虐待!?..
by シェィン at 23:16

最新のトラックバック

夏目漱石の『心』から見る..
from やねせんカレンダー
FUTURE DAYS ..
from やねせんカレンダー

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル