密林生活 junglebooks


月休 営業時間12時ごろ~20時ごろ TEL03-6914-1747 豊島区雑司が谷2-19-13ステラ護国寺B1F ★買い取り歓迎
by Junglebooks
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:占い ( 34 ) タグの人気記事

12月6日(月)は臨時営業します

週休2日制のジャングルブックス。
店は開けてれば開けている程良いと思っているので、
週休1日制にしたいのですが私は電話鑑定が混み混みだし、他にも色々あって週休1日にふみきれませんf^_^;
情けなや(>_<)

でも開けられる時には開けます!

12月6日(月)は一時から八時。
占いも古本屋も営業します。
その日はユキしかおりませんのでご了承下さい。
[PR]
by Junglebooks | 2010-12-05 12:45 | 店舗情報 | Comments(0)

手作り好きなジャングルです

e0178150_1392015.jpg

e0178150_1392087.jpg

e0178150_139208.jpg

お店に置いてある小物、仕入れたものもありますが、委託もあるし仕入れのアクセサリーも和袋も全部、輸入雑貨ではなくおばあちゃんの手作りだったり、ピアスやネックレス、携帯ストラップはやや若い人ですが全部お手製です。

お手製でひとつひとつ丁寧に作っているのに破格なお値段です。

パワーストーンブレスは私(占い師)がひとつひとつ手作りで組んで作っています。
石の性質や組み合わせで相性のいい組み合わせというのがあるらしく、
バックリと覚えて後は野生のカンが頼りです。
仕入れの石を見るところから全部自分メイドです。

あと、最近人気のブックカバーも私が染めたり縫ったりしてシコシコと作っています。

布袋の手染めのも置いてあったのですが売れてしまいました。
(一応美術大学の染織デザイン研究室にいました。染織デザインもまだ現役)
占いが暇な時(暇じゃなくしたい 笑)にちょっとずつ作り足したいと思ってます。
手作り品のお好きな方良かったら見にいらして下さい。

勿論古本屋ですから古本もね〜
本は夫が清掃、私がグラシンやフィルムかけをしています。
[PR]
by Junglebooks | 2010-11-28 13:09 | 店舗情報 | Comments(0)

よみせ通り わくわく大感謝祭

e0178150_17201276.jpg

e0178150_17201210.jpg

もう一週間経ちますが、先週の日曜日は谷中のよみせ通りの『わくわく大感謝祭』でした。
夫はみちくさ市と店番。
この日アド街効果で雑司が谷は大賑わいだったそうです。


南陀楼綾繁さん率いる一箱チームはコシズカハムのおしゃれな木製二階建ての車庫で開放感のある、一箱市をしていました。

それを横目で眺めつつ私は花屋さんの前と横の職人組の飴細工、ステンドグラス、そして何故か占いと古本で参加。

古本は過去に占いやってる横で殆ど売れない実績があったので少ししか持って行きませんでした。

あとは雑貨とアクセサリー。
始めてすぐに外国人観光客に巾着が売れましたが、物販はあまりふるわず。

占いは地道にお客様がいらっしゃいました。

お手伝いのI嬢は酉年生まれで集客力があるそうで、確かに期待してない古本がよく売れていました。
それも私は文筆業の方々に本が買って貰えると嬉しいのですが、
文筆業の方々は沢山献呈本が来る上、読書量が並大抵ではないので、
なかなか買うには至りません。
南陀楼さんにも過去に一箱で一冊、お店で御祝儀買いして頂いたのみで、
I嬢に買い物を頼んでしばらく南陀楼さんが店番をしてくれたのですが、まさか買ってくださるとは!
ありがとう〜

でも南陀楼さん、私には読書傾向が予測がつかないよ。
いっぱい読むんだなぁ。凄い知識量とやっぱり本好きなんだなぁと。そんだけ…

でも買って貰えて大満足でした。ありがとう。

あとは持て余していた山崎豊子の四巻本が売れたり、音楽本が売れたり。不思議な感じでした。

一箱仲間達と本の売れ筋は読めないねぇと言いながら呑気な感じのわくわく大感謝。

みんなで買い食いばっかりしてウロウロして…
それでも15人近く占って…

たのしい1日でした。
夜は打ち上げに簡単に参加し早く帰りました。
売り上げは春より良かったです。二万ぐらい。
[PR]
by Junglebooks | 2010-11-27 17:20 | イベント | Comments(2)

やっぱり店は楽しいよ!

今日は昨夜からの台風の影響の大雨!
『凄い雨だから、お客様いらっしゃらないかも〜』
と不安心配でも、店の整理や普段出来ない事やほっといた経理や色々やることもあったので、
車で行くなり。

誰も来ないかもとかいいつつも今日は占いの予約と
東京都市大学小林研究室がジュンク堂で開催されるストリートウォッチングの
ワークショップの一環で雑司が谷の街歩きにいらっしゃる事になっていたので真面目に行く。

着いたらすぐ本を数冊抜いて入れ替える。
三島由紀夫の『癩王のテラス』1969年の戯曲はジャケ買いしたものだが、装丁が大変美しい。

一箱市に入れる本を抜きに行ったり、家で発掘されたのを足したりしたのだけれども、つくづく『癩王のテラス』は箱に入れたいが…

店で太宰治が売れたり武田泰淳が売れたりしているからメジャーな純文学を足す事に。
古本好きが好きそうなモノが売れない店。(コアな作家とか)
品揃えがイマイチなのもあると思うけどやはり本には本魂がある気がする。

思い入れのあるものがご縁のあるところに渡る感じ。
今のところ文庫(夫は文庫命の人)と占いの棚と音楽の棚が一番動きが激しい。
私は占いが売れるとは思ってなかったので、持ち本を全て供出しつくし今ちょっとヤバい…

本日整理したり今後の相談している時に今日のストリートウォッチングの研究会の方々が著作本を持っていらっしゃる。
(東京都市大学小林研究室!)

本好きに本は凄く嬉しいプレゼント。有り難うございました。

真剣にストリートウォッチングを楽しみながら研究する小林研究室の方々が天候を心配して店にイベント前にいらっしゃる。

残念ながら中止になったのだけど、熱心な参加者の方々がいらして一部決行することに。
とても麗しいお名前の方が同行すると聞き、ん?んんん?…わめぞ小町の豆ちゃん!おお〜
待ってるです〜

その後占いの予約の方がいらしたり、雨の中近所の方がいらしたりして時間が過ぎて行く。

ストリートウォッチングの方々は二班に分かれていらして、店のコンセプト(夫がそんなのあったっけ?と凄いことを〜ありますよ!)
や雑司が谷の土地についてや本のセレクトについて話す。

皆様やはり路上探検系の本にご興味を。
海外文学見ている方もいらした。

何となく街や人を知る勉強をしている方々にワクワクした。

6時頃お帰りになり、雨の中私は夕飯を買いに魚屋へ。

その後閉めて帰ろうかと話していたら、外国人のお客様。

洋書は美術系しかないよ?

ところが流暢な日本語。
ゆっくり店内を眺める。
しばらくしたら、『値段はどこにありますか?』と聞かれたので
『本の後ろに…』と見せた。

どうやらブックオフは知らないが古本屋さん初デビューの様?
後ろの鉛筆文字を見ながら丁寧に本を見る姿は真の本好きでした。
お買い上げ頂いて嬉しかった。

以前古本屋さんに行くと往来座さんや古書ほうろうさんで均一や5、6百円の安い本しか買わない自分が申し訳なくて仕方なかった。

でも自分が古本屋になったら均一を買うお客様も普通に買う方もアモーレ!である。

嬉しそうにしてくれたら更に!

面白い仕事と思う。

占い併設も含めて。
[PR]
by Junglebooks | 2010-09-24 03:20 | 店舗情報 | Comments(0)

祝日営業のお知らせ

20日(月曜日)、23日(木曜日)は祝日ですが営業します。
基本的に今後とも祝日は営業予定です。

因みに占いは20日はありませんが、23日はやってます。

宜しくお願いします。
[PR]
by Junglebooks | 2010-09-18 17:19 | 店舗情報 | Comments(0)

JUNGLE BOOKS 8月7日(土)12時オープン!!!

さて、とうとう今週オープンになりました。まだまだ棚の入れ替え、看板作り冷蔵庫の搬入、
入れ替え本の搬入等、まだ一山二山ありそうですが、とうとうオープンになんとか漕ぎ着けられそうです。

初めて持つ店なので、今後色々と模索しながらさらに創り上げていく事となりますし、
家にまだまだ本があり、良いのをださんといけないのに~まだあるよ~入りきらないよ~
なので、皆さんどんどん遊びに来てください。棚は入れ替えて行きます。
まだ、プレオープンに近い状態ですが是非お運びください。
二日に渡っての簡単なオープニングも考えております。

占いは7,8日と12時から19時まで予約受付中。現在お話は頂いているものの確定は一件。
ブッキングするときはだだだとブッキングしますので、ご予約お待ちしています。
arutemis-ivu@ezweb.ne.jp(占いのご予約はこちらにて)

8月7日12時オープン!
基本月・火定休日。占いは金・土・日にあります。
営業時間12~20時。結構夜は延びるかも~笑

JUNGLE BOOKS
豊島区雑司が谷2-19-13
tel 03-6914-1747
e0178150_211308.jpg
ju
[PR]
by junglebooks | 2010-08-01 20:59 | 古本屋のできるまで | Comments(1)

占い本棚と家の本の整理

e0178150_0482844.jpg

e0178150_0482917.jpg

e0178150_0482949.jpg

e0178150_0482956.jpg

e0178150_0482991.jpg

今日は一箱友達が三人まずは来てくれて、お店の掃除や棚の組み換え、入れ直しをしてくれた。

相当お掃除が大変だったみたいで申し訳なかったです〜

激おちくんを用意したら夫にいらないのではと言われたけど喜ばれました。

洗剤なしでガシガシ汚れが落ちるのは素晴らしい!
でも、申し訳なかったな。

私の占い棚に途方にくれていた夫はどすこいTさんに依頼を〜
いくら面だししたとはいえ、職業とはいうもののこんなに怪しい本があるなんて〜
自分でもビックリ!

一番怪しいのは美内すずえ監修の直筆サイン入り、聖なるの光の本。
一応絶版ちゅーか、一部カルトマニアむけに作った怪しいもの。ははは
見に来て下さい。

もうちょっと足す予定だったけどしばらくこれで良い事に…

まだあるのが自分でも怖い。
でも全部自分で買ったんじゃないから〜

貰ったり買い取ったりも…

店はかなり本が詰まったようで後は少数精鋭化するみたいです。

本日私は本の仕分けをしていて、音楽の残り、エロスのプラス、
そして『少年』の箱をまた作り、
『土地と生きる』もつくり、海外文学と日本文学をドカンとデカい箱に入れたけど夫にもう店に入らないと言われてしまいました。
うーん。全然本が家から減らないじゃん。
他にも『都市で暮らす』、『生きるのを楽しむ』とか『彷徨える人々』とか夏っぽく『ちょっとゾクゾクとします』とか並べてみたかったけど、箱だけ作って徐々にやります〜

占いの棚の占いの本だけではないの。
怪しい写真集から小説、カラーセラピー、宗教、など雑多に入った『占いの軸とその肉となるもの』って感じです。

やまがら文庫さんはデッドストックのウィスキーを持ってきてくれました。

開店の時に開けましょう。
やまがらさんのお蔭で本棚の並びが柔らかくなるような気がします。

うちら過剰だから〜

怪我の巧妙で色んな人の力をかりて私たちのではなく
『みんなのお店』に育つ種を頂きました。
みんながあそこは自分の店ぐらいに思って来て欲しかったから狭くて迷ったけど
落ち着く空間が出来ました。

旅猫さんは夜看板を作りに来てくれました。
瀬戸さんが明日カーテンレールの取り付けにいらして下さるそう。
天井に段差があるので器用な瀬戸さんが何とか調整してくれるそう。

夫はわめぞの飲み会にお呼ばれしたみたいで車で行ってがっかりしていましたが参加したよう。

トンポーローをご馳走になったみたいだ。
我が家は毎日ワンプレート料理なのに。
今晩はチャーハン。
[PR]
by Junglebooks | 2010-08-01 00:48 | 古本屋のできるまで | Comments(0)

古本準備中

e0178150_2034464.jpg

e0178150_2034483.jpg

e0178150_2034475.jpg

e0178150_2034451.jpg

e0178150_2034433.jpg

本をどういう順番で持っていくか、考え中…
みちくさ市もあるし、ネットで販売してるのはどうするのかとか。
ネット販売分はスリップを入れることにしたけど、
お店に出てる分とキープ分のしるしをどうつけるか?

試しに棚に並べてみてたのもあったり…
店が大きかったら補充が大変だけど、
店が小さい分チョイスして少量ずつ並べないといけないから、
ダンボールである程度分けて持って行ってお店で入れる感じ。
ダンボールの分け方もハードカバーはジャンルごとになってるけど、
文庫は金額ごとにしたりまだまだ値付けもしてないし、未整理だらけ。

私はドカッと大きい事するのは割にテキパキするけど、細かい事が苦手…

どんぶり勘定でテキトーだから夫はよく私のズボラに怒っている。

占い頑張るから、本は夫に頑張って欲しい〜

占いってハードル高いと言う方が結構いらして、
一箱市やよみせ通りでも初めてと言う方が多かった。
ちょっとでも顔見知りだとハードルが下がるのかも。

皆、心配しなくてもそんな人の痛いとこついたり、偉そうに上から説教かましたりするのが占いじゃないから、ラフに私を使ってね。

カードを見ながら話してるうちに、だんだん元気が出たり、どうにもならないことを無理にどうにかしないで、出来る事をしていくのがユキ方式です。

他にもドリームボディと言う名の夢分析なんかもしようかなと考え中。

本は買取分とネット分等ほんの一部が写真に出てます。

まだまだあるから、何度もいらして下さると嬉しいです。

明日は5時に家出て山梨まで法事に行ってきます。
混むかな。

毎年ニューヨークから日本に戻って来る友達から電話あり。
私が二週間も捕まらなかったらしい。

凄く会いたい大好きな家族だから、お店を始めて、遊べなかったり泊まりにこれないのが残念。
みちくさ市に来てくれるそうだ。

頑張って店の支度して来て貰いたいな。

ブログヤッパリ私が書いてるじゃん〜

夫が書いたら10日か早くとも一週間になるそう。

何事もあちらの方が丁寧だし、社会性もあります〜

占い師なんてみんなどっかおかしい〜ってのが私が今いる会社の社長発言。
まさしく!
[PR]
by Junglebooks | 2010-07-16 20:03 | 古本屋のできるまで | Comments(2)

これがチラシだよーん☆

e0178150_19484915.jpg

これは第一陣です。
この後、オープンの日付やら、
休みの日(基本月、火休みの予定だけど隔週火曜日はやるか検討中)
占いをしている曜日。(金、土、日予定)
占いの金額、9月いっぱいまでは十分お試し千円。
二十分二千円と分かりやすい一分百円計算予定。
予約も受け付けも考慮中。
第二陣のチラシもまた開店近くなったら作ります。

頑張ってます〜
[PR]
by Junglebooks | 2010-07-07 19:48 | 古本屋のできるまで | Comments(2)

面接で気落ちして、ゲリラ豪雨で一安心。

e0178150_220262.jpg
昨日はハードな1日でした。
今日も仕事をガンガンしてますが、身体中痛いです。

昨日は朝一番で新宿まで病院で定期検診を受けた後、
プロントでダラダラして、一時半に日本政策金融公庫へ。
旧国民金融公庫で今は色々国家も変わって来ています。
入ったらいきなり相談課で中年の男性が慇懃無礼なダメダメ攻撃を受けていて、かなり緊迫感がありました。

息子に帰ってから話したら7月から金融法が変わったから厳しいそう。
母はマヨネーズの値上がりも高速が安くなったのも息子に教えて貰いました。

私は相談課にも行かずネットで申し込んで書類を送り、
面接だったので沢山資料を持って面接室に通されました。

面接官のKさんは公務員にしておくのが惜しいような長身のイケメン三十代中盤。
二人して深々と頭を下げて面接開始。
既に書類で費用概算、仕事の内容、創業動機、店の自信のある部分など書いてあったので、今日は我が家の財政状況を聞かれる。

素朴な疑問は私の収入の多さと履歴書だそうで、
『何も店なんて開いて危ない橋を渡らなくてもこのままの方がいいのでは?立派な履歴でわざわざやってるんだし。』(イヤミ〜)
と言うことでした。

『お店を開く時期とか原因にご主人は関係していますか?』と鋭い突っ込み。
通帳の提出により傷病手当てを貰っていた事もバレバレである。
別に隠す気もないけどさ。
何事も正直に答えましたよ。
『それはモチロンあります。
これから先は今更、年齢的に雇用も難しいからフリーのデザイナーになるしかないんですから、
フリーだと繁務期と暇期に別れます。ドンドン年取って仕事も減るかもしれない。
そんな時までにホームベースを作って行こうと思いました。
それに占いは当分二足の草鞋で会社も店もやるつもりですけど、
軌道に乗ったり年齢を重ねたら、対面に絞るつもりです。
はっきり言って、電話鑑定と対面鑑定では全然客層も仕事内容も違いますから』
『そうなの?』
占いの話になるとどこでも食いつきが良い。
しばらく雑談。

その後切り込むように
『お金が借りれなかったらどうするつもりだったんですか?』
と言われたので
『まずは貯金で足りる様に節約して、積み立て保険があるのでそこから借りるつもりでした。
主人の生命保険と息子の学資保険です。』
『その方が良くありませんか?返して行く負担とか不安とか感じませんか?』

『それは感じません。お店がすぐ軌道に乗らないにしても、私の占いの収入があるし、
夫もデザインの仕事をする予定です。
それに息子の為に出来れば保険には手はつけたくないと思いました。
最初に無理やり節約して始めると余裕のない店になりますから。
良いものがないと人が来ない人が来ないとお金も回らなくなりますから、貸してください。』
ここで一箱市やみちくさ市のチラシを見せ、販売したスリップの売上推移を見せた。

『素人も出られるイベントで経験してきた事ですけれど勉強して色々考えました。
ネットの販売もしています。
そんな中にこれを主催しているプロの方々やライターの方々がいます。
そういう方々が古本業界を盛り返そうと色々教えて頂いたり協力して頂いたりしています。
モチロン人に頼って何とかして貰うって事じゃなくて、
知識や経験の不足をサポートして下さる方々がいると言うことです。
そういう方々と出会えた事も知り合いが増えた事もお店を始めるきっかけにはなりました。』

『なる程なる程』
結構熱心。
『他に財産は?車とか?』
『車はあるけど古いから』
『他には』
『不動産』
『ああ、そうですね。じゃそれを担保に。』
『160万で担保ぉ?』
『返せば問題ないし金利が安くなりますよ。各段に』
『じゃそれでいいです』
不動産の書類と占い会社の契約書、保険証書をFAXで送る様に言われた。
かなり端折っているが面接一時間半。

何だかKさんとフレンドリーになるが、向こうは言うことは言う。

『正直難しいと思って下さい。』
『えっ!どして?抵当まで入れて?何でぇ?』
『経験不足が大きいです。占いはともかく古本屋ですから』
『じゃ占い上にしたら?』
Kさん爆笑。
『同じです。古本売るんだから』
『えっ駄目なの?私ってかなり駄目?どのくらいの割合が大丈夫?』
Kさん大爆笑〜!
『創業融資は難しいんですよ。入り口で話聞いてたでしょ。
皆さんもっと厳しいです。
言ってる事も内容も矛盾はないんだけどね。
今のところ50:50です。ダメなら返事が早いから安心して下さい。不動産担保だと手続きは遅くなりますよ〜。』
『Kさん!宜しくお願いしますね。貸すように善処してね?』
オバサンなのにカワイコぶってきた。役なし。

終わってから待っていた夫に会ってマシンガンの様に報告。

『ふーん貸してくれるよ。貸さないなら抵当の話までしない。』
不動産のエアコンが壊てるって時にも何とかなると言っていた夫ですが、
世間慣れしてるから割と世間の動きがわかってるからかいつも彼の方が落ち着いている。

『安心してなさい。駄目なら保険下ろせばいいんだし。』

『そーお?じゃ書類送って呑気にしとく』

その後、往来座さんに会って、報告。
心配してくれた上、大工仕事の数々を見せて頂く。
うちの店の周りを見に来てくれたりしてるらしい。通り道だし、工事が入ったからな〜(写真参照)
楽しみにしてくれてるようで嬉しい。
e0178150_2202629.jpg

e0178150_2202619.jpg



みんなが興味を持ってくれてるみたいで 偶然、
店を見に来てくれた駄々猫さんとしましまさんに会った。
『ママ〜ママの店見てきた〜旅猫さん行こうとしたらお休みだったからー』
『え〜有り難う!これから行くけど来る?』
『行く行く』
4人で工事中の店を見る。

写真参照。ドアが届き、台所は外されている。
カウンターにする材木も届いている。

『狭くないよ〜可愛いよ!ママ』
『いやまだ何にも入ってないし』
『でも楽しみ〜また来るね』
あっさり帰る二人。
夫は
《古本と占い
JUNGLE BOOKS 8月オープン》という張り紙をしてきた。
e0178150_2202636.jpg
e0178150_2202682.jpg


何だかまた1コマ前進んだ感じ。
融資は心配だけど。

それと昨日のゲリラ豪雨のお陰で店に水が入らないことが証明されました。
心配してくれた方々有り難うございました。
[PR]
by Junglebooks | 2010-07-07 02:20 | 古本屋のできるまで | Comments(2)

フォロー中のブログ

最新のコメント

くぼたさま 今更の..
by Junglebooks at 21:32
はじめまして。カセットブ..
by くぼた at 09:14
コメントに気づくのが遅く..
by junglebooks at 12:45
コメント有難うございます..
by Junglebooks at 01:16
ご無沙汰してます、折角告..
by CLS at 17:13
此方でも告知して頂けると..
by CLS at 18:50
CLSさま:みちくさある..
by Junglebooks at 15:10
近所に居住する者です..
by CLS at 18:23
シェインさん 書き込みあ..
by junglebooks at 13:45
中脇初枝の新作は虐待!?..
by シェィン at 23:16

最新のトラックバック

夏目漱石の『心』から見る..
from やねせんカレンダー
FUTURE DAYS ..
from やねせんカレンダー

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

本・読書
イベント・祭り