密林生活 junglebooks


月/火休 営業時間12時ごろ~20時ごろ TEL03-6914-1747 豊島区雑司が谷2-19-13ステラ護国寺B1F ★買い取り歓迎
by Junglebooks
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

不忍ブックストリート 一箱古本市出店

e0178150_1365612.jpg

e0178150_1365863.jpg

e0178150_1365931.jpg


昨日は晴天に恵まれた、
不忍ブックストリート一箱古本市でした。

昨年は豪雨で涙が出そうでしたが、
今年は配置された千駄木の郷はややわかりにくいものの、
環境の良い綺麗な場所でした。

昨日はうちのテーマは「無能の店」
つげ義治の無能の人の様に河原で拾った石も並べ、石の本も並べます。

古本屋の店舗を持ちながら、ケンサンはデザインもしてバンドもして、
私は占いして、作品作って

きゅうきゅうしてますが、それでも無理してでも日常と関係ない場所に足を運んで

楽しみごとをつくったり、営利と全然関係ないイベントを準備したり考えたり力を注ぐのが
日常を楽しめる力に繋がってる気がします。

知り合いにも沢山会えたし、知らないお客様にも「石だ!石だ!」と喜んで貰えて嬉しかったです。
お買い上げ下さった方差し入れ下さった方ありがとうございました。

11時から4時まで、販売し、いらしてくださった方と近くのレインボーキッチン(ハンバーガー屋)で表彰式まで休憩。
e0178150_21341366.jpg

e0178150_2134158.jpg



e0178150_137471.jpg

e0178150_137698.jpg


表彰式はひょうひょうとしたタナカホンヤさんとプレゼンターの方々も面白く、盛り上がりました。

この後、助っ人飲み会。

働いた分全てこの後も飲み代になってゆくのでした。
でも楽しかったな。
また来年も行こう一箱!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


iPhoneからの投稿
[PR]
by junglebooks | 2013-05-04 13:02 | 一箱市 | Comments(0)

今更一箱古本市の記事

e0178150_11543458.jpg

e0178150_11543461.jpg

e0178150_11543413.jpg

今更ですが、一箱古本市、10月8日(土)の感想です。

この日の一箱はピーカンの良い天気、気持ち良く重いカートを押し我がジャングルブックスの出展場所は、古書 信天翁前。

早めに到着してしまい信天翁さんで休ませて貰うことに。
古書 信天翁は凄く棚が変わっていたので楽しく拝見した後、田波が小谷野敦の本を一冊。私はタロットカード二組と音の台所さんの絵葉書を買う。

一箱の集合時間になり下に降りて皆様にご挨拶。点呼と場所決めのジャンケン。
かなり負けたので(ケンさん勝負弱い)
場所については諦めの境地だったけど、信天翁さん前にいられることに。
テーブル席が良い人が多く、うちは一箱古本市用の箱でテーブルはいらないので結果的に良い場所。

11時に開始。今回は駒込大観音寺が26箱なので、そっちから来るんだろうなと思ったら案の定。
家の今回のテーマは『土地と生きる』でアメリカの地図まで置いてあり、私が構成の担当の時はかなりの強引ぶり…それでもポツポツと売れていく。

浅草出店の際、飲まず食わずで熱中症になってから体調を崩して、苦労していたので今回は途中、信天翁と同じビルにある『谷中 春朗 (やなかはろ〜)』で昼食にボロネーゼを食べる。

しかしものすごい日暮里の人の波、人疲れしてしまうほどの人人人人!

ケンさんは『雑司が谷にこのくらいのひとの流れが欲しい。』と何度かボソボソ言う。

本は順調に売れていくがやはり高いのは残る。
ムーミンコミックスは何十人も手に取ったけど買わず、決して高くないのに(新刊書1300円が600円)値段を告げると
『だったら本屋で買うわ。』と言われて、心の中で『うちも本屋です』と呟く。
結局それでもムーミンコミックスは最後の方に売れた。

それでも常連のお客様や知り合いや一見さん、面白い事に占いのお客様まで買いに来て下さったりして、結構数量は売れて二箱持ってきたのの一箱以上売れたのですが結局、売上は前回の雨の一箱とほとんど変わりませんでした。
大体いつも同じ位で多少上下するだけです。

夜は次の日ディクショナリー倶楽部で占いと本を売りにいくのに、打ち上げでかなり酔っぱらってしまいました。
沢山呑んで沢山話して充実した1日でした。
ジャングルは今後も一箱古本市はずっとでるつもりです。
[PR]
by Junglebooks | 2011-10-21 11:54 | 店舗情報 | Comments(0)

一箱古本市の時は

e0178150_16454544.jpg

必ずジャングル通信を書いています。
今回もギリギリですが仕上がりました。

当日、明日はもう晴れそうですが、配布いたします。

良かったら貰って下さい

また、1950~60年代の外国の地図類をアンティークショップで1500円のものを半額以下の700円で出します。
是非とも見にいらして下さい。
[PR]
by Junglebooks | 2011-10-07 16:45 | 一箱市 | Comments(0)

秋の一箱古本市準備中

e0178150_15194995.jpg

e0178150_15194948.jpg

e0178150_15194981.jpg

今回のテーマは『土地と生きる』です。

土地に縛られて生きて行ったり、
土地を愛して生きて行ったり、
土地を研究したり、架空の土地を描いたりまあ色々です。

まだセレクトしきれてませんが現段階こんな感じです。

出店は晴れたら10月8日(土)に古書 信天翁前です。

もし延期になったら9日は息子と夫が販売しています。

皆様遊びにいらして下さい。
[PR]
by Junglebooks | 2011-10-04 15:19 | 一箱市 | Comments(0)

5月3日一箱古本市の出品本

e0178150_16393245.jpg

e0178150_18593826.jpg

e0178150_16393210.jpg

e0178150_18581787.jpg

テーマは「逸脱」。
文学、神秘主義、犯罪、不良等々逸脱した者や事を集めました。
あまりにも周りに縛った本やダンボールが溢れているので、写真にチャチな加工がしてありますがお許しを。
持ちきれない場合色々減らしますが、どうなりますか…

チェコのマッチラベルも持てたら持って行きます。

毎回作っている「ジャングル通信」を無料でお配りします。
よろしかったら受け取って下さい。

ジャングルの一箱宇宙には下界からのメッセージがいっぱいです。
[PR]
by Junglebooks | 2011-05-02 16:39 | 一箱市 | Comments(0)

土砂降りの一箱市

e0178150_1316256.jpg

e0178150_13162590.jpg

e0178150_13162517.jpg

e0178150_13162580.jpg

e0178150_13162568.jpg

恥ずかしながら、朝起きたら9時!
ひえーっ急いで青秋部に電話するも、同姓の人に間違えてかけていてまたひえーっ。
寝ぼけてる慌てている!
実行委員のYさんに電話をし、出発!

今回はトンブリン案の一箱市公式箱?を購入して出掛けるがデカい…

夫が運んだけどかなり苦しかったようだ。
まあ荷物があるからいつもの1.5倍の時間をかけて行く。
コシヅカハムに出店する予定だったので駅から近くて救い。

トンブリン箱は開けたらすぐお店が出来る優れものなので、着いてバタバタして時間内にすぐ開店。

夫に今回『ジャケ買い』という緩い出店をした事で
『これで売れたらびっくりだな!誉めてやる!』
と上から目線で言われるも我ながら
ジャングル通信はつくるは(誤字三文字みっけ〜)それなりに努力はしているのである。

まあジャケ買いなだけあって箱の写真をご覧になればわかると思うが見た目はよろしきかな。

トンブリン箱に入っているとまた綺麗に見える。
着いて漸く開店してすぐに夫に『人気のなさNo.1』と言われていた堀田善衛の『19階日本横丁』が売れる!
やはりジャケ買い人口は確実に存在するのだ〜
『19階日本横丁』の装丁は大変に美しい。
その後雨足は強くなりお客様が全然いらっしゃらない。いらしても購買意欲が落ちている。

私達はメンチカツだのコシヅカのハムだの買ってワインを飲みながらだらだらする。

石英さんがいらして下さり久世光彦の『卑弥呼』をお買い上げに…雨の中有り難いしお顔が拝見出来て嬉しかった!

その後古書ほうろうさんやナンダロウさんも様子見に
ほうろうさんに
『画数の多い本が多いですね!』
と言われて初めて気付く。
うーんジャケ買いの秘訣は賢い感じに惹かれたのか?
情けなや。

知り合いや色々な方がいらして下さり、雨の中ボチボチでも売れて行く。
だいこん胴さんや千葉の放浪書房さんもいらっしゃり、お買い上げ頂く。

谷根千で知り合った沢山の方々やわめぞメンバーも来てくれて、(ごめん書ききれない)
お酒が入って気分はノリノリ。

雨で本が濡れないように夫がコシヅカに来る方々の傘を預かっているのに
古本屋魂を感じた。
濡れたら台無しだよね!

一箱市の前日に店近所のおばあちゃんから引き取り依頼のあった文京区の歴史本と絵葉書は人気でパーッと売れてしまった。

色々な人の協力と私の積年の愚かな買い物が少しずつ旅立って行く。

周りの出店者や助っ人さんたちと話しながら雨のお祭りも楽しく過ぎる。

今回出店しなかったとみきち屋さんの風太郎さんも夕方いらして無理に?買って下さる。
それでも有り難い。
皆様売っちゃって下さい。

最後の方に石英さんのお嬢様がいらして別役実の『そよそよ族 うつろ舟』をお買い上げに。
古事記ベース地図つきのヘンテコな絵入りだが、私としてはなかなか楽しめる逸品でした。

本はヘンテコならヘンテコな程ジャケ買いの甲斐があります。
夕方値下げするも、
もう閉店時間が来て片付けなければならず焦っていたところに
これ以上値下げ出来ないから無理という状態でお客様に(文庫は殆ど利がないゆえ)お値段を伝えてかなり値下げし、
『ハードカバーなら値下げ出来るけど、文庫は無理なんです。ごめんなさい』とお伝えしたら、しばらく粘っていらしたが『夫がスミマセン閉店時間なので』とすまなそうにこれ以上無理なんです。と言ったら
『だったらいらないわ!』と函に本を投げ込んでいかれて、よくわからなくて驚いた。
凄く怒っていたけれど、何だったのか今もよくわからない。

でそんなこんなで集計し随分殆どの本を安くつけた上さらに値びいてしまったが
売上は何とか五桁に行きました。

ジャケ友が出来たようで嬉しかったです。
『勿論ジャングルさん来ますよね!』とみんなに打ち上げの常連なのミエミエで喜び勇んで酒を飲みに。
たけうまさん、ドンベーさん、北方人さんと見知った顔の席に。
岡武さんもいらして、後から嫌気箱さんもいらっしゃるが何度もお会いしていたものの
その素晴らしき愛のある毒舌、アップテンポの話芸を目の当たりにし、良い話を聞いたと感心しきり。
最近時々あう、谷根千メンバーや久しぶりの人や初めての方、夫がみちくさ市で仲良くなった方、先日急にお伺いしてご迷惑かけた『古書赤いドリル』さんや
今回は私はあっちこっちフラフラして色んな方々とちょっとでもお話したかったのでした。

あー楽しかった。
ナンダロウさんにおやじ書房新社のTさんと
『すきなんだよう〜』と叫ぶがうるさい二人に言われて全くスルー。笑

大馬鹿な酔っ払いぶりだったが、そのまま二次会へ…行こうとしたら岡武さんと脳天松さんに声をかけられる。
『ジャングルカラオケ行こう!』
誘われたらどこでも行くジャングル!
ましてや岡武さんと脳天松さんと遊ぶのは初めてなのでぴっぽさんも誘ってカラオケへ。
岡武さんは選曲が可愛らしく、やはり言葉にこだわりのある歌チョイス。
脳天松さんと相当に趣味と気持ちがマッチしており、かな〜り微笑ましいカラオケ風景。
歌姫ぴっぽさんはやはりファンタジックシンガーで言葉の人なので美しい発音で歌う。
可愛らしく美しくいるだけで幸せになった。
夫と私は相変わらずのどら声でしたが、楽しい濃い1日でした。

雨でも楽しかったよ一箱!
また春に行くよ〜
[PR]
by Junglebooks | 2010-10-11 13:16 | 一箱市 | Comments(0)

もう一週間ないんだねぇ〜

e0178150_19104064.jpg

一箱市まであと4日。
ほぼ準備が整いました。
本は兎も角として、二軒分の箱と占い屋のディスプレイを準備するのは大変でした。
先日占い屋さんの記事をアップしましたが、本も占いの本だけじゃなく、小説やエッセイ、怪しげなヒーリングやカード類なども取り揃えていますのでご覧下さい。
市田邸
http://www.taireki.com/ichidatei/index.html

JUNGLE BOOKSの方はエロスから一転。
『少年』をテーマに出しております。
少年が読む少年の為のオーソドックスな世界や日本の名作から、大人から見た少年。
少年から見た大人。
今回は夫の大好きな稲垣足穂やら高橋睦朗、藤原新也他、昔から持っていた希少本や絶版本も大放出。
てか書いてないだけで前回も絶版多しでした。

海外文学も不良少年から健全健康、残虐、無知無邪気も取り揃えております。

写真集にも自信あり。

私はお母さん力を発揮して子供と親に読んで貰いたいベタな名作を潜ませました。笑
夫か7私が3くらいと言ってたけどどうであろ?結構ベタなの入れてる私です。
だってベタなのもないと少年ってわからないじゃないですか?笑

箱が小さくなったのを知らないで箱を作っていたのですが元々体力のない夫婦なので秋の時から元々小さい箱だったのでセーフ。

写真はジャングルのお試し雛壇?

移っている本はほんの一部です。
情報は少なめに当日のお楽しみ!
これでも多いよな…
漫画も雑誌もあります。

出品場所は
TOKYOBIKE no OFFICE
http://www.tokyobike.com/
谷中2‐6‐12
不忍ブックストリートマップだとオフィスじゃなくバイク屋さんが地図に出てるから間違えやすいかも。
スタンプラリーの地図が分かりやすいです。
『Gallery jin+classico』
http://galleryjin.cm/
谷中2‐5‐22
の斜め前です。
[PR]
by Junglebooks | 2010-04-26 19:10 | 一箱市 | Comments(0)

しばらくは美術館ライフ…が、しかし!

e0178150_19412088.jpg

e0178150_19412097.jpg

e0178150_19412090.jpg

普段は家に閉じこもって、携帯、PC、電話にしがみついた生活…

それがこのところ、慣れない都会、六本木の国立新美術館まで出向いております。
年に一度の春の都会通い…
展覧会の支度でてんやわんや。

出品しているのは『光風会展』です(工芸部)。4・14~です。

桜見も出来ないまま3月を駆け抜けましたが、散りかけでも桜が見れて良かったです!

国立新美術館は建物が美しいので、展示されると嬉しいですが、
以前は上野の都美術館に行っていて、あちらの方が周りの文化は楽しめたなと。

六本木は六本木で面白いし家からはこちらの方が近いし便利だけどね…
ここは貧乏人には大敵です 笑

一番下のが今年の作品です。
実物より色が薄くて爽やかです。

何か私の作るモノはだらしない感じ。(どろっとしているし・・・心がどろっと?)
タイトルは『熱帯雨林の花』。
湿度の高い感じを出したくて…

昨日は展示用タイトルの校正、今日は展示、明日も図録の校正。
そんな生活の中でも一箱市の準備も着々としています。

意外にもコツコツ準備の良い私です。

今回は4/29日、5/2日と2日共出るし、4/29日は『占い屋さん』…

何とか盛り上げる為、月の作品を三枚バックに展示し、布張りの箱を作り、ブックカバーやアクセサリー、栞、ポストカードなどの販売も準備しました。
その上我ながら馬鹿馬鹿しいことに市田邸に合わせて、和風の衣装作りまで…

これが仕事と美術館と平行して行われています。

4月10日は占い屋さんをお手伝い下さる方とお風呂に行ってお酒を呑んで打ち合わせ。
疲れがとれました。
私が考え出した、タイムスケジュールとお客様への説明など、詰めが甘いかもしれませんが
皆さんすぐご理解くださいました。
お着物と可愛いチャイナ風でお出迎えだそうです。

私はコチョコチョ物を作ったり、本の手入れをするのが好きなので、
普段より忙しいはずなのに何だか楽しくて溌剌としています。
あんまり寝てないのにフジテレビの三谷幸喜脚本のドラマも夜中にHDDで無理やり見ちゃいました。

『ある家族の歴史』
面白かった〜
泣けたし笑えました。
また色んな事が一段落したら、ガクンと気が抜けてしまいそうです。
[PR]
by Junglebooks | 2010-04-13 19:41 | 一箱市 | Comments(2)

一箱市の場所発表!!!!!

一箱市の場所発表されました。。。。。
不安でいっぱいのjunglebooks・・・妻。。。
いつもは夫の方が心配性なのに、本の事になると私の方が心配性の上、かなり準備万端に
相当に無駄な行為をし、考えますがその割りには・・・・笑
今回、新しい大家さんで3箱だけ出品のところ。
人は来てくれるんだろうか?
他の二軒が人気がありそうなので、頼りにしています!!!!!
ブログ見てくれてる方ちょこちょこ本の内容出すのでたまに見に来てください。ぺこり
今回も絶版、稀少本、初版本等多めに取り揃えております。

出店 五月二日
場所 TOKYOBIKE no OFFICE(3箱)
谷中2-6-12 http://www.tokyobike.com/

http://sbs.yanesen.org/projects/sbs/news
[PR]
by junglebooks | 2010-03-26 23:27 | 一箱市 | Comments(0)

一箱市終了!!!\(^0^)/~

e0178150_141686.jpg
一箱市終了しました。
昨日息子をサッカーに送り出し、身内にその後預かってもらうお願いをして出かけました。
朝十時までに根津の宗善寺だったので、根津から徒歩十分と書いてあるけど初めてだし、
荷物は重いしで九時半に根津に着くように行ったんですが、駅スパート何度も裏切られてますが
また信じて行ったらぎりぎりじゃ~ん!
本当に当てにならない・・・・

でもまあ、根津で同じ所にやはり初出品の『LONDONPIG!』さんに『一箱展の方ですか?』
とお声をかけていただき、ご一緒する事に・・・
初出店どおしやや心強くなり、坂越えして宗善寺へ!

ぎりぎりに到着すると皆様御揃いで間に合って良かったとちょっと冷や汗・・・

宗善寺には会議テーブルが並べてあって、展示がしやすそうだな~と眺めました。
その後場所決めのくじ引きでちょっとワクワクはらはら。。。前日に高島易断の日和表を見たら
妻は大吉、夫は注意日だったので、妻がくじを引くことに・・・

非常に縁起の悪そうな13番を引いたら、入り口近く。。。
周りの方にいいな~と言われて、場所移動。

隣は『どすこいフェスティバル』何度目かの参加らしく、女性が美しい和装でお二人いらして、
男性人4人ががんがん本を運び入れていて、圧倒!
こんなに『沢山うれるんだ~』と思っていたら兎に角安い!ビックリでした。
(私共も夫婦で2冊ずつ購入させていただきました)
e0178150_141686.jpg
皆さんが準備に忙しい時、junglebooksは既に家で、展覧会の様に何度も入れちゃ出し
入れちゃ出しして箱詰めしてきたので、箱を空けるだけでした。

ストックの本の並べ替えを余った時間にしてオープン待ち。
11時オープンにすぐ若いカップルが吉原手引草を購入して下さり、お寺でエロスという
肩身の狭いやばい壁を乗り越えた気がしました。
その後すぐ谷崎潤一郎の『鍵』と室生犀星の『性に目覚める頃』が同時に売れ順調な滑り出し
と思いきや、、、突然の雨!!!
みんな急いで本にピクニックシートやカバーをかけて避難。

皆で心配していましたが、一時間ほどで上がりました。。。

再開後人がぽつぽつと訪れ一応覗いて下さる方は多いもののエロスの壁は厚く
元より『今回は展覧会気分で~売り上げはいいよね~』
みたいな感じで行ったのでまあ楽しく話しながら店番を・・・

それでも阿部定や芸者の研究してる方が揃って買ってくださったり、女性も結構手にとって下さるし
作った栞は100円という低価格もあり、女性や子供が喜んで買ってくださいました。

皆で並べてとことん選び抜いて買ってくださるのは嬉しかったです。

途中『南陀楼綾繁』さんhttp://d.hatena.ne.jp/kawasusu/がいらして、
『よくこんなに頑張ったね。エロスでも小説あり、専門書ありで大変だったね。』
とねぎらって頂き、私達はニコニコしていましたが心は感涙もので
『今日はこうして分かってくれただけで来た甲斐があった』と大満足でした。
その上一冊お買い上げ下さり、私共は流石のセンスと唸る選択!
『寝室手帖』1965年3月号でしたが、妻は売る本は片っ端から内容点検します。
完読は出来ないまでも斜め読みします。
寝室手帳は斜め読みどころか嵌ってしまい、和やかな気持ちにさせてくれる優しい面白い性の雑誌でした。

4時半終了でしたが最後の方にお客様が駆け込みでいらっしゃり、わめぞの方にもお会いして
嬉しかったです。
集計用紙とアンケートは急いでいたので適当で乱筆でした。

e0178150_141445.jpg

その後、打ち上げに繰り出し飲み会に突入・・・
もう端の席しかなかったので別のブースの知らない方と世間話をするんだろうなと思っていたのが
青秋部のメンバーの方がはいってらしたので、夫は大喜びで古本屋さんのお話が聞けました。
特に古書ほうろうさんhttp://d.hatena.ne.jp/koshohoro/は夫の憧れの古本屋さんだったので、普段無口なのに饒舌になっていました。

地元の方やライターの方、本に詳しい沢山の方とお話できて本当に良かったです。

そして、ちょっと書きづらいのですがjunglebooksは賞を頂いてしまいました。
正直本当にビックリでレコード大賞の新人賞の様に二人ともにっこりだかびっくりだか
分からない表情で(実行委員・青秋部)で賞を頂き、賞品を授与されもうもう感無量でした。

恥ずかしいやら嬉しいやら・・・でも今回は凄く頑張って本を揃え、箱も看板も作ったので
喜びは半端じゃなかったです。
賞品はSLOWのポーチと栞。これでまた読書に精を出し、ポーチは今後も参加した時の
お釣り入れにしてくださいと言われ心しました。笑

(でも今後もずっと一箱ではエロの称号も頂いてしまいました。笑)
その後は色んな方が入れ替わり立ち代りいらして下さり、沢山お話できました。

酒好きの私達には打ち上げは大変に楽しかったです。
帰りも同じ方面の方がいらして一緒に話しながら帰りました。『謎のトリオ』さん。


11月には今度はみちくさ市です。
あそこにはいつもほのぼのした感じでと思って本揃えもランダムにいろんな方が好きに買えるように
と本を持っていっていたのですが、、、
このエロス。。。みちくさに出せるか!いやーーー出せないなあと思案中なのでした。

因みに売り上げが提出した物とかなり違っていて今日計算したら『あれれ?』ッて感じでした。
スリップの抜き忘れと栞のつけ落としがあったようです。
e0178150_1426100.jpg


(yuki)
[PR]
by junglebooks | 2009-10-11 14:12 | 一箱市 | Comments(10)

最新の記事

12月のスケジュール
at 2017-12-02 17:24
ジャングルCD市 「MUSI..
at 2017-01-02 01:44
9月9日から11日はのんき市..
at 2016-09-08 17:56
サングリアル~王への羅針盤~..
at 2016-04-05 14:46
『力士工 婚活詐欺事件』発売..
at 2016-02-17 19:10

リンク

JUNGLEBOOKS HP

最新のコメント

くぼたさま 今更の..
by Junglebooks at 21:32
はじめまして。カセットブ..
by くぼた at 09:14
コメントに気づくのが遅く..
by junglebooks at 12:45
コメント有難うございます..
by Junglebooks at 01:16
ご無沙汰してます、折角告..
by CLS at 17:13
此方でも告知して頂けると..
by CLS at 18:50
CLSさま:みちくさある..
by Junglebooks at 15:10
近所に居住する者です..
by CLS at 18:23
シェインさん 書き込みあ..
by junglebooks at 13:45
中脇初枝の新作は虐待!?..
by シェィン at 23:16

最新のトラックバック

夏目漱石の『心』から見る..
from やねせんカレンダー
FUTURE DAYS ..
from やねせんカレンダー

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

本・読書
イベント・祭り