密林生活 junglebooks


月休 営業時間12時ごろ~20時ごろ TEL03-6914-1747 豊島区雑司が谷2-19-13ステラ護国寺B1F ★買い取り歓迎
by Junglebooks
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

また間違えていた…大丈夫かね!

日本国民政策公庫ではなく、正しくは日本政策金融公庫です。
そこの一番庶民的な部門で子供とか自分の学費とかまで、
融資してくれる少額融資で優しい
『国民生活事業』
というところに審査に行くので、普通のオバサンで非常識な私にも何とかなると思わせる様なソフトな対応…
大丈夫と感じてしまうが妄想か?!
妄想にしたくない。

今日は占いの書類を揃えていた。
占いの書類って不思議〜皆様何だろうと思うよね。

書類を十種類ぐらい持って行かないといけない。

月曜日までドキドキ。

夫はそんな私を人事そうに日々本の点検や手入れ、買い物に励んでいます。

ほっとくと何も進まないといけないから、私が分類しないといけない気持ちになっているが…甘やかしすぎ?
値付けもお互い自分の本は自分でしないとね〜
お店のサービスでどっちが買った本か当てたら二割引とかしてみたらどうだろうか?
考えてみたが値付け以降も以前もどっちがどれを買ったかわすれちゃう老化現象のジャングル夫妻。
多分わめぞで最年長の新人さんになるであろう。
先日揚逸はどっちも買った覚えがないと言い張っていたが私であった。
今は古い少女漫画を引っ張り出している。懐かしい。

明日は古本屋をしている友達と事後報告がてら遊びに行って来ます。

明後日は雑司が谷の店に行って来て、片付けをした後、
ポポタムの武藤良子個展『雲天画』に行ってきます。
[PR]
by Junglebooks | 2010-06-30 17:34 | 古本屋のできるまで | Comments(4)

日本国民政策公庫

今日書類と面接日が届く。
7月5日面接。

何かあんまりいっぱい書類があったのでよくわかんなくて電話する。

何か聞くと
『別になくてもいいです』といっぱい言われた。

いらないなら書かないで!

何だか企業のプレゼンみたい。
古物商の免許がわたしだから仕方ないが、プレゼン経験の多い夫が行った方がうまくいきそうだし、何だか私より信用されそう。

息子と夫ではないがスーパーポジティブ振り?妙なやる気と成せばなるぶりを感じて貰うしかないが通用するのか?
[PR]
by Junglebooks | 2010-06-29 21:59 | 古本屋のできるまで | Comments(0)

息子にまで頼る…

昨晩から占いの場所について向井さんの可動カウンター案他、
占いの気密性について考えて煮詰まってしまった。

カウンター可動案はいいとして、私が占っている間、夫がレジを移すのはコンビネーションが大変そうだ。
出来れば一カ所で落ち着いて占いたいが、結論が出ない…

谷根千の一箱とよみせ通りのイベントの時あまりそういう事考えてないでも、うまく行ってたから深く考えてなかったけど、
向井さんとナンダロウさんに一度、みちくさや一箱から離れないと店は成り立たないと注意される。
お祭りの中のガヤガヤした状態と静まり返った店内では確かに空気感が違う。

一人で考えていても新しいアイデアが出るわけでもなし、学校から帰ってきた息子に意見を聞く事にする。

因みに息子は12歳、小学校六年生で時折凄くメハシが効くので、母は色々聞いている。

『ねぇねぇ相談が有るんだけど』
『何?』
『お店の占い〜』
『えっ俺やってあげてもいいよ』
『いやいやそれはべつの機会に話そう。』
『あのさ、占いのお客さんだけどやっぱり人に話聞かれたくないと思う?』
『まあ、人によるとは思うけど…
やっぱり話は聞かれたくないよ』
っていうので
『そうかーどうしたらいいかね?』
と言ったら
『布である程度、空間作ったり、入り口違えた方がよくね?』
と言うから
『布でイイノー?布じゃ声聞こえるよ?』
と言ったら
『話が深刻だったら声より顔が見えなければいいんだよ。誰が話してるかわかんないのが大事!』
だそうです。

結構説得力がありました。

『完全予約制や時間制で占いするのはどうだろうか?』
と昨日皆様から頂いたアイデアを全部投げる。

『それよりフラッと来るお客さんを占えば、ついでに本も買ってくれるかもしれないし、クチコミで人が増えないと
お店儲からないよ!お店空けてる限り占えるだけ占わないと!』
との意見もだし。
妙な裏付けに母唸る。

で要約して
『どう思いますか?』
と向井さんにメールしたら、
『息子さんの意見でいいと思います。後はBGMで声を薄めれば…』
と笑マーク付きのメールが来た。
こうして、ひとつずつ解決して開店に漕ぎ着けるしかあるまい。

本来誉められてしかるべき息子は昨日、夫に頼まれた松岡正剛の『情熱大陸』をうまく録画出来ずに怯えています。
パパが帰って来る前に寝ちゃえ!

補足◇お馬鹿な私は少々理解が足りませんでした。
以下正しいカウンター可動向井案。
それも含めて配置再考。

『カウンター可動はお客さんが来たら変えるのではなく、ユキさんがいる週末と、いない平日でカウンターの位置を変えるという意味です。』
[PR]
by Junglebooks | 2010-06-28 22:01 | 古本屋のできるまで | Comments(4)

古本関係者ご来店〜

e0178150_1447097.jpg

e0178150_1447063.jpg

e0178150_1447040.jpg

e0178150_144709.jpg

e0178150_1447029.jpg

写真は残像加工はわざとです。
写りの悪い写真みたいですが、
どこまで顔出ししていいかわからなかったので。楽しそうな雰囲気だけおつかみ頂ければ。

昨日は再び雑司が谷に行く。
途中往来座さんに寄って本を一冊買い、今日は王子達によろしくお願いしますとご挨拶。

その後ひぐらし文庫さんへ…
以前伺った時と大分様変わりしている。
カウンターがダーッと並んでカフェになっていたのがカウンターをバラして、
本の平積み、小物も増えて、
丁度、木村衣有子さんの写真展をしていた。『大阪のぞき展』

こじんまりした可愛らしいスペースになっていた。
最初にお客様がいらしていて入るのが申し訳なかったが、混んでる中無理に入り、
ファブリックやDVDなど作っている作家の方を紹介して頂く。
ハーブティーを頼もうとしたらメニューが変わったと仰有っるのでアイスコーヒーを頂く。
お店は生き物と言うけれどたった半年たらずで全然雰囲気が違っていた。

偶然いらしたネギさんにお会いする。
ソロソロ時間だったのでネギさんとひぐらしさんにご挨拶して
自分達の店!なんだねもう!へ。
鍵を開けて中に入って問題のエアコンをかけて、
月曜日が燃えるゴミの日なので捨てられるだけ捨てる。
ガムシロ、レモン、エプロンや布類、砂糖モロモロで5袋ほど詰めて
前日に積み上げてあるゴミの山の中に捨てる。

向こうから(護国寺方面)ナンダロウさんが歩いて来る。
地図が違っていると言われて、まだ土地勘のない自分達を確認。

まだどなたもいらしてなかったので、ナンダロウさんは旅猫雑貨店へ。
私達は採寸、片付けを続行しつつ、皆様の到着を待つ。

ネギさんもいらっしゃる。ブログを読んで下さっているらしくエアコンのでかさに笑う。
面白い作りと言われて皆様がいらっしゃる前にお帰りに。

向井さんと瀬戸さん、ナンダロウさんが殆ど同時にいらっしゃる。
後からひぐらしさんもいらした。

『物件は面白いねー』と『往来座より大きいエアコン!』
は全員同じ事を仰有って狭い店内を見て歩く。
占いスペースをどうするかで話題が続く。
うちはド真ん中にテーブルを置くか、入り口入ってすぐ右に占いスペース設けるか、と考えていたが
ある程度プライバシーが守られないとと言うご意見に狭い店内で悩む。

往来座さんはデッドスペース的裏階段をどうにか使えないかアイデアを出しまくって、
向井さんに却下されつつ、
向井さんはカウンター可動案を出してカウンターの奥で占ったらいいのではと仰る。

兎に角スペースが狭いから、どうやって占いスペースまで確保するのか考えないと…
本もどの程度入れるのか入ったら二回転もしくはせめて一回半あるのか、問われ正直自信がない。
本の事となると狭くて良かった気がするが、
問題は占い…何だか私はある程度デパートの隅っこみたいにパーテーションとか
布類でも使って遮ってあればいいような気もするが…どうなんだろうなぁ
やっぱりカウンターの奥かなぁ。

本ばかりは見てみないとわからないけど占いスペースの相談で昨日は問題提起されて、
問題解決しないまま、
場所を変えて話そうと向井さんに『アミ』に連れて行って貰う。
靴脱いで上がる一軒家みたいなお店だが凄く美味しいし流行っている。

そこで向井さんオススメメニューを頼んで貰った後、飲みながら話す。
話は店の事からアチコチに飛び火し、飲みながらの教育的指導は
『兎に角最初にあるだけ本を出すべし!』だった。

私が、『人が来るのかなぁ』とか『売れるんだろうかね』と言う発言にひとごとっぽいと。

占い屋さんの私は何だかひとごとっぽくなってしまう。

それでも、twitterとか読んでいて不安になり

『売れなくて皆に心配されてる夢を3日も見た』
と言ったらナンダロウさんと向井さんがハモって

『それはもう既に皆心配してるから。正夢だから!』

と言われて、正直正夢率の高い私は、お店のうまく行かない心配は嫌だなぁと思い、
占いは兎に角考えて、そこで利益を出さないとと思う。

お客様の呼び込みルートも古本とは別に考えないといけない。
段々アミで向井さんとナンダロウさんが古本屋さんの具体例を上げてくれながら、色々話が広がって行く。
凄く参考になるが実感が湧かず、一箱市やわめぞの新しい企画の話など聞き、
更に色々な方向へ話が進む。

途中から酔っ払いの面白い話になってしまう。
ガンガン注文を頼んでいたら、ナンダロウさんに驚かれる。

夫が『すげー食うんですよ』と言うから
『はい親子三人で飲みに行った時と殆ど変わりません』と言ったら、
『さすがだなぁ!』と言われたが、何がさすがなんだかよくわからなかった。

向井さんは話が進んでないので開店の心配をして下さっていて、夫と私はさらに勿論心配している。

まずは配置。
それは店舗を借りる前から占いスペースの確保出来なさが店が決まらない原因になっていたので、
どうしたものかとまだ考慮中。
でも下手に高い家賃のとこを借りるよりは皆様に安心を与えているらしい。
売り上げ目標レベルかなり低し。

何とか流行らせたいよ!
[PR]
by Junglebooks | 2010-06-28 14:47 | 古本屋のできるまで | Comments(0)

ハラホラヒレハレ 冷汗

e0178150_1325266.jpg
まだ始めて1週間経ってない、twitterや自ブログで散々
『本日契約』『本日契約』と書きまくり、
もうすっかりその気!
準備万端のジャングル夫妻は、妻は午前中、
授業参観に出た上PTAの書類まで構成して書記に頼んで
らりらりと早めに池袋の不動産屋の本店に到着。

お互いにニコニコと挨拶して、早速契約の為の事実確認…
途中までは良かった。淡々と説明を聞く。
設備のところまで説明を受けて止まる。
私ダンマリ。夫はかなりムッとして、不動産屋に話す。
設備プラス残留物があり、残留物を私達が片付ける約束で家賃を安くして貰った。
65000円と言っているが消費税込みだから抜くと61750円である。

ハンガーやケーキの箱はうどんや蕎麦のボウルなどが積み上げてあり、
それを処分するには全く異存はなかったが、エアコンが残留物扱いと聞いて、夫婦の動きが止まった。
エアコンは動かないでも壊れていても修理も付け替えも私達持ちだと言われて
『えええええーっ!』
となった。見積もりを三回も間違える馬鹿不動産屋はエアコンの動作確認もしてないと言う。
最後につけたのは一年前だと…

『蒼ざめた馬』アガサ・クリスティ、何て事が頭をよぎる。
ピンチの時、どうでも良い事を考えたりしませんか?

取り敢えず大家に電話して交渉して貰う。のれんにうでおし

あのデカい業務用のエアコンが壊れていたらわしら、わしらもう契約破棄するしかないよぅ〜涙
せめて営業して一年経って壊れたら諦めるけどさぁ

急いで東京電力に電話して貰い、動作確認する事に。

その間昼ご飯を食べにうどん屋に行き、ジュンク堂で本を見たが欲しい本が買えない程落ちていた。

1から店探し?今度はいつ?しかし一年も入店が決まらないのに頑固な大家だな。私ならエアコンの修理はオーケーする!
e0178150_1325224.jpg
それより何よりどおしよう〜発表しちゃって!
夫が言うように契約まで待てば良かった…
私のバカバカバカ!

明日(もう、今日だよ)向井さんがいらして下さる事になっていたのに〜
忙しい中お仕事終了後、改装前の店を見て下さって棚の配置とか開店の相談をして頂くつもりだった〜
そして、ナンダロウさんに契約の報告と向井さんがいらっしゃる事とお礼をお伝えしたら、
御自身も仕事終了後にいらして下さると言う。

旦那に両巨匠に来て貰うなんて豪華すぎないかと言われていたんだぁ~~~~~!

『両巨匠って何?』とうどんを食べながらくらーい気持ちで聞いたら
『一箱古本市のドン』と『わめぞのドン』と言うから
『ナルホドねー』なんて呑気な事言ってたけどパーになった時の向井さんは想像つかなかったけど、
ナンダロウさんに何を言われるかはあらゆる妄想が沸き起こって、
これを話したらナンダロウさんではなくナンダロウ父さんになりそうだと思う。

エドワード・ゴーリーの絵本をジュンク堂で見ながら欲しいなぁと思っても買う元気が出ない。

コーヒーを頼んだら紅茶が来るし、何だか全ての時空間と自己存在まで揺らぎそうに…
そんな時不動産屋から電話があって動作確認完了したらしい。
動くと言うからサインしに。
『でも、絶対あのダメな不動産屋は動くのだけ確認したに決まってるから、しつこく聞こう』
と言ったら夫は
『流石にそこまでバカじゃないだろう』と言う。
そうかなぁでもきく。
着いた途端に早速聞いた。
『冷たい風出た?暖かいのも出た?送風と除湿も出来た?』
と聞いたら困った様に
『いえ冷たいのしか確認してません』
取り敢えず契約する事に。
その後色々確認して電話すれば良い。

無事契約完了。鍵を受け取り、店に向かう。
鍵を開けて中に入り早速エアコンの動作確認をする。
ゴミ袋を買って来て整理していたら、近所の方々に何屋になるのか聞かれる。
占いと古本。
皆様興味を持って下さる。
来てねと今から営業。
しかし無事に契約出来て良かった。
e0178150_1325211.jpg


明日は二大巨匠ぷらす天下の往来座さんもご視察に…

旅猫さんはきな粉豆かんてんをお土産に今日いらして珍しそうにアチコチご覧になった後街の事や商店街やわめぞや大工仕事についてお話下さる。
帰りに旅猫雑貨店によって手作り家具の数々を拝見する。
頼りになるご近所さんだ。有り難い。

今日は他にも色々予定を立てていたけど全て明日もう、今日)に持ち越しです。

幸いにも古本オールスターズがいらっしゃるのことになる結果になり、楽しみにお待ちしております。

e0178150_1325266.jpg
[PR]
by Junglebooks | 2010-06-27 01:32 | 古本屋のできるまで | Comments(2)

食品衛生免許諦め

遠くまでいらして下さった方々の為に
お茶やお酒くらい出せる様に喫茶免許を取ろうと考えていたが、
本日挫折なり。
保健所に電話したらシンクが45×36×18㎡二つ必要。
プラスシャボン付きの洗面台と食器棚まで必要らしい。
どう考えても無理だぁ〜
床面積が工事見積もりで来た!
やっぱり15㎡だった!
有効使用面積が五坪ない!
古本屋なんだし、
家事嫌いの私のお茶だのお菓子だの、
摘みなどが美味しい訳もなく性格もズサンだから、
お茶やお酒は諦めて、古本屋と占いに力を入れる!

特に場所は古本優先で…占いはどこかにテーブルが必要かカウンターでするか?

明日本契約終了後、採寸に行って、どうするか詳しく考えてみようとおもう。

明日は店の写真入りだよ。
工事前の。
お楽しみに。

ps本日も不動産屋は明日本契約だというのに見積もりが間違えていたとふざけた事を…また物静かに怒る。
怒ると言ってもいつも静かに淡々と言ってるんだよ〜
[PR]
by Junglebooks | 2010-06-25 18:36 | 古本屋のできるまで | Comments(0)

一日一日濃厚に過ぎる日々

今朝は寝坊続きなので、起きねばいけない緊張感で一時間おきにしか眠れなかった。
夫も息子も起きるのを私を100%当てにしないでくれるとちょっと気が軽い。

仕事が始まる前一寝入りしていたが、まずは国民政策金融公庫から電話あり。
出ると私の書類に不備があるという。自己資金をきっちり書いておいた方が融資が受けやすいと
思っていたら、創業資金と運転資金の帳尻が合わないと
『自己資金の差し引き金額の42万円しかお貸しできない。
創業資金と運転資金のプラス金額を自己資金と融資希望金額と一致しないと困る。』
と言われた。
『どうします?』
どうしますってどうしようかね。税務署より相当親切だな。
『差額は運転資金にしてしまっていいですか?それで良ければ書き換えますけれども』
『宜しくお願いします。』
と頼み、
『面接希望日は7月2日以降都合悪い日ありますか?』
と聞かれたので
『万難を排して行きますから、一番早い日にして下さい。』と頼む。

お金が確実に借りれると分からないと安心できない。早く結果を出したい。
でも万一借りれなかったとしても足りるように計算していたが、既に予想外の金額が。。。

不動産屋は最初のチラシだけ見ると家賃5か月分なので65000X5=325000円の
目算だったのだけれども、家賃発生を7月15日にお願いしたから、家賃を一月半分払うことに。
プラス仲介手数料が家賃一月分の65000円。文書作成料が5250円。
計430895円契約日の前日、明日までに支払って欲しいと言う。
今日になって連絡が来たので、
『家にお金が下ろせなかったりなかったりしたらどうするんだ!』」と思った。

で仕事終了後、学校と市役所に行く用事があったので、払い込もうとしていたら、
不動産屋から電話があって
『明細に間違いがあって火災保険をつけるのを忘れたから、待ってくれ』
と言われたので、
『こんなに後から後から急に言われて困ります。契約日は25日の土曜日でないと困るんですか?』
と聞いたら困りますと言う。
大名商売である。
で夕方電話があり火災保険の賠償金額の希望を聞かれ、火災保険会社にこれから見積もりを出すという。
私はその頃PTA室にいた。
全くもう!

で7時過ぎにまた改めた見積もりが来たら460895円。それを明日までに支払うと言う。
最初は貯金だけで始めようとしていたんだし、10万のところを借りたら60万以上払っていた事になるのだが
お金が目減りすると不安感でいっぱい・・・

それでも土曜日に契約だ。ジェットコースターのような日々。
工事見積もりも、23万円改め、床と壁と天井を張り替えることにしたので341450円。

既に予定していたより多くなっている。工事が終わるまでには国金のお金が入るのを祈る。
これから、本棚をセミオーダー、家具も揃えねばならず。

段々心配になって気落ちしている。
息子は学校で同級生に殴られてゲロはいて来るし、PTAは面倒だし。殴った子が謝りに来たり
濃い一日でカレー作って皆で食べた後8時前から一時半まで寝てしまった。

サッカーやってるね。
また寝る。疲れる。明日は昼も夜も仕事だ~
[PR]
by junglebooks | 2010-06-25 02:30 | 古本屋のできるまで | Comments(0)

明後日、本契約につき

今日市役所へ住民票を仕事終了後取りにいく。
保証人の兄弟はとっくに印鑑証明を準備し、書類が来ないと怒っていたのは一昨日。

一昨日は国民政策公庫への申し込みもネットで一週間前に済ませた後、書類を揃えて発送する。
書類の内容は不動産の金額見積もり。
工事見積もり。必要経費見積もりをそえて、店の具体的プランや自分の履歴や店のセールスポイント今後の売り上げ見込み将来設計を書く。

うちのセールスポイントは占いと古本のコラボ。
この後連絡が来て面接が決まる。

当初は貯金だけで何とかしようとしていたが、向井さんと話した後
『店は最初に始める時の規模の決定が大切。小さな規模を回すか大きな資本で大きく回して行くか。
どちらにしてもあんまり節約して始めると余裕のない店になるから。』
と言われて、小さく回して行くのを決めて、運転資金や売れなかった場合を考えたら貯金は持っていた方がいいと判断。

私達は人間が小さいので大きく借金するとスゴいストレスを抱えそうなので、申し込みは160万である。
そうなるとやはり物件には限界が出る。

東京で極北極小だが何だかピンと来たから、もう仕方ない。

何より私の感覚は倉庫感覚、夫は新車一台分の店と呼んでいる。

工事見積もりが安かったから床や壁も張り替えて貰い、カウンターも作って貰う事に。
まずはドアと台所だけど…

8月にはオープンしたいけど間に合うのかな。
早すぎなのかな…
夫は完璧な地図を作らないとと言ってるし、私は開店してから毎月手書きのジャングル通信を書こうとしている。

明後日本契約後店の採寸をして来てレイアウトを考える。
本棚を半オーダーで頼む為と占いテーブルの配置…

向井さんから頂いた占いと本の繋がりのアイデアをボンボンだしているが
夫の
『俺しかいないときどうするの?』
で挫折している。
何とか君が出来るようにも考えているが纏まりそうか?

昨日赤いドリルさんの古本ツアーインジャパンの記事を読む。
夫は先日のよみせ通りの時に赤いドリルさんの品揃えを見たり、ブログを読んだりしてお店のすごさはなんとなく想像ついていたらしい。

私はやたらに感心してしまい、赤いドリルさんのみならず、信天翁さんや石英さんを見てはあまりに狭い自分達の店舗がどうなるのか不安もありながら計画している。

また本契約終了後アイデアをまとめて皆さんに相談させて貰いたい。
安心材料があるとしたら店と二足の草鞋占い会社の安定収入と最近ちょっとHPの本が売れているが、夫は整理に四苦八苦している。
[PR]
by Junglebooks | 2010-06-24 08:38 | 古本屋のできるまで | Comments(0)

ちょっとばかり付け足し。

昨日、不動産屋から書類が届かないからエラく怒った。
私は不動産屋にはとても厳しいので自分のマンションの管理業者も担当にも怒るから、良くできる担当に変わる。

だって不動産屋って手数料で生きてるんだよ!手数料取る癖にこちらに色々やらしてたりどうなっているのか問い合わせさせるのはいけないよ!
現在奴は大家への連絡をしているのかもキチンとした工事業者を抑える事もせず、連絡も見積もりも私任せで手数料なんて払いたくない。
書類代金なんて片腹痛いね!

で、夫に物件について付け足しとくように言われた。

65000円まで賃料を値切った結果、既に置いてあるハンガーやコートかけの処分。

もの入れに大量に残っているケーキ箱や紙皿、紙コップの処分は私達がする事に。
ケーキ箱は捨てるつもりだけどケーキ箱に本を入れるのはどうだろう?笑
誰かハンガーと箱欲しい人いないかな

大量の紙皿と紙コップは新品密封されてるから皆様のお越しをお待ちしてます。
持ち込みオーケー
飲み物もだしますよ!
(妄想全開)
夫は食品衛生免許を取りにいくらしい。8月まで予約が取れないみたいだが。

冷蔵庫も欲しいなぁ

ああせめてもう少し広ければなぁ

まあ小さなお店で皆様がノンビリ遊べると嬉しいんだよね
[PR]
by Junglebooks | 2010-06-23 09:52 | 古本屋のできるまで | Comments(0)

早速過去と現在の交錯

早速質落ちドグラマグラ状態です。

そのうち要件のみの男がちゃんと書くらしいから…しばしお待ちを。

今日はまずは決めた物件!に至るまで。


雑司が谷の果て物件は旅猫雑貨店のある弦巻通りの旅猫さんから尚三分程下ったY字路にあります。
元ケーキ屋さん。
半地下なんですが、ネットの不動産情報では小さい階段を下りる分かりづらい物件だった上
B1と表記してあったので、一年近く前からチェックしてたけどスルー。

ところがある日また不動産情報情報をみていたら、駒込から徒歩四分に59000円の物件が!
早速電話したらあっという間に借りられていた。ショック!

しつこく安い物件が探したくなる私。
探して探して探しまくったら、雑司が谷の物件の新しい写真が!
なんだ半地下じゃん!入り口は二カ所あるのね〜

表は大きいじゃん!で早速調べた当日電話して見に行く。
夫も休みだから二人して。

うーん悪くないけど雑司が谷駅から七分てホント?街の感じはイイカンジ。
好きな街だ。弦巻通り。旅猫雑貨店の近くなのも嬉しいよ。

でも?八万?家賃八万?保証金4ヶ月?礼金2ヶ月?
趣味悪い使い勝手の悪い障害物だらけの建物と店なのにたけーよ!

と上記の様な内なる叫びを業務用なソフトな言葉に変換し不動産屋と交渉。
まずは家賃は七万にしてくれると、保証金も2ヶ月でいいというから開けて貰って更に詳しく見る。

何これ!シャッター開けたらドアがない!
どゆこと?どーやって商売してたの?

平米数22.77。ホンマかいな。
何やら中途半端な階段の大きさが店内に場所を取り、やたらデカいキッチンや洗面所が!

実際使える面積って五坪くらいじゃないの。

ため息をつき、明治通りのオススメ物件へ。往来座さんのすぐ近くを目白方面にさらに行ったところ。
10万円だけど何か駐車場改装したみたいな店。
水道もない。

そこで一件目の不動産屋と別れて往来座さんに御相談。
往来座さんの知り合いに店舗物件探している人が多いらしく色々詳しい。
明治通りの物件は往来座さん的にはオススメ出来ない感じを受けた。
『物件に妥協は禁物!』
とも言われる。
私は彼の直感的アドバイスや意見を買っているので、サヨウナラ明治通りの物件となる。

『良いじゃないですかージャングルさんには占いがあるんだからビルの四階だって何だっていいから、限りなく怪しい店作って人を集めましょうよ!』
と嬉しそうにご意見下った後深々と頭を下げる。
流石に商人さんは物腰柔らかく腰も低い。

やたら往来座さんの素晴らしさに感動した上に不動産屋さんを紹介して貰って尚且つ見に行く事に。

四軒いったけどそのうちの三軒には10万以内では難しいと言われる。
(坪単価を考えてくれとか、住居だって難しいとか。完全に世間知らず状態の田舎モノ?)

ジュンク堂横のあづま通りを歩いていて良い物件発見。
早速電話。12万かぁ値切ってくれないみたいだが、他の物件を紹介してくれると言うから見に行く事に。
でも先に旅猫雑貨店に寄って話を聞き物件ももう一度見てから車を移動しようと雑司が谷に戻る。

旅猫さんは『人が来ないよ〜』と渋いご意見。ネットとか他で頑張ってないとキツいみたいだ。
旅猫さんはネット販売をずっとしていて
倉庫兼ショールームの様なお気持ちで借りて少しずつ作って行ったとか。
そのお話も大変参考になり、その上
『物件探してみるね。来てくれたら嬉しいな。』と言われて心がほっこりする。

旅猫さんと別れた後、車で南口の不動産屋へ移動。
西口、北口なら安い物件いっぱいあるけど古本屋のイメージのある街じゃない。

占いのお客様も種類が変わりそうな気がした。

明治通りの既に見た物件をここでも散々勧められるがやっぱり水道もないのは…
お店の感じも殺伐としていたし。

雑司が谷の不動産屋には返事をせねばならない。

ドアないし、工事代金どのくらいかかるかわかんないから工事見積もりをお願いする。
でもスケルトンじゃないし居抜きでもないから、金銭面で更に考えて頂けるとたすかります。
と言ったら家賃が65000円まで下がった。

倉庫代だよなぁとおもった。
不動産屋は不機嫌を隠して
『マンションの家賃より安い店なんてないですよ』と言う。

確かに魅力的な家賃だ。倉庫代と思って占いとネット販売に力を入れるてもいいかもと思う。

2010年5月31日。本格的な物件探しの再幕開けであった。

この後ナンダロウさん、ほうろうさんにも電話しご迷惑をかけ、石英書房さんに物件情報を聞き更なる物件探しへの旅に三週弱程でる事になる。
ナンダロウさんは本の所蔵数と売れた場合売れない場合の考え方を忙しい中スゴいスピードで語り、最後に
『プロにいっぱい話聞いて!で向井君に電話しなさい!』と言われる。
ほうろうさんには見たその日には絶対決めないようにと沢山物件見るようにと。

が頭の中は雑司が谷の65000円でいっぱいだった。
狭いし遠いし使いづらいし工事代金もかかるのに気になって気になって仕方ない。
前に古楽房さんみたいな物件いいなと言ってたからかも。
半地下もいいなと思っていた。

でも決められないまま不動産屋お抱えの大名商売的、高い工事見積もりが出る。
ドアをつけずにシャッターの向こうはハメゴロシの窓にするのが一番安くて三十万弱と聞く。
窓だけで30万。他は直さず30万!?

諦めそうになったが自分達が前住んでた、
今は人に貸してるマンションの管理業者に電話をして工事屋を紹介して貰う事に。

電話したらすぐ近所の南長崎に事務所があるという。

何か雑司が谷にドンドン縁を感じてしまう。

見積もりは台所直してドア付けて23万円であった。

うーん安いから更に迷わせて貰う事に。何かサービスで安く色々やってくれるらしい。
夫と私は自分でやればタダなのをいいことに毎日占いしていた。

この後またネットで探しまくり、場所も広げて駒込や田端、西日暮里も見て、早稲田、西武線ぞいも検索して四階や十階も考えて…
何週間か向井さんに会えるまで考えて考えて迷路入りしていました。

である日向井さんから
『僕のメール届いてますか?』
(先に私がメールしていた)と連絡が入り、メールが届いてなかった旨告げ古書現世へ。

近くでお茶を飲みながら話。
お店を構築、経営して行く質の良い講義を受けたようだった。

バラバラの頭のピースが纏まり、お金が国民政策公庫で借りられる事や具体的な情報を沢山頂いて、
再点検と再捜索とお金の計算もして現在の物件に決めたのだった。

続きます
[PR]
by Junglebooks | 2010-06-21 23:40 | 古本屋のできるまで | Comments(0)

お気に入りブログ

最新のコメント

くぼたさま 今更の..
by Junglebooks at 21:32
はじめまして。カセットブ..
by くぼた at 09:14
コメントに気づくのが遅く..
by junglebooks at 12:45
コメント有難うございます..
by Junglebooks at 01:16
ご無沙汰してます、折角告..
by CLS at 17:13
此方でも告知して頂けると..
by CLS at 18:50
CLSさま:みちくさある..
by Junglebooks at 15:10
近所に居住する者です..
by CLS at 18:23
シェインさん 書き込みあ..
by junglebooks at 13:45
中脇初枝の新作は虐待!?..
by シェィン at 23:16

最新のトラックバック

夏目漱石の『心』から見る..
from やねせんカレンダー
FUTURE DAYS ..
from やねせんカレンダー

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

本・読書
イベント・祭り