密林生活 junglebooks


月休 営業時間12時ごろ~20時ごろ TEL03-6914-1747 豊島区雑司が谷2-19-13ステラ護国寺B1F ★買い取り歓迎
by Junglebooks
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:イベント( 89 )

サングリアル~王への羅針盤~出版イベント

e0178150_16452804.png




さて、そろそろサングリアル~王への羅針盤~が



4月12日(火)発売!!!



それに伴いまして、イベントをいくつか。





4月15日(金)

雑司が谷ジャングルブックスにて

占いとサイン会




こちらは12時から22時くらいまでだらだらとやってます。

アルコールや飲み物出しながら


私はこの日は占いを1000円特別サービス。



みんなでワイワイお祝いしてくれたら嬉しいです!

どなたでもいらして下さいませ!



また4月24日にもマンガサロントリガーさんにてイベントを行います。



そちらの告知は改めまして。








ご予約はこちらから

RESERVA予約システムから予約する











http://futuredaysuranai.wix.com/futuredays





下北沢はこちらからご予約くださいませ。



来週は水曜のみです。あとはジャングルにいます。





RESERVA予約システムから予約する







道順はこちらJUNGLE BOOKS HPから



http://junglebooks.wix.com/junglebookstop#!contact/c24vq












































[PR]
by Junglebooks | 2016-04-05 14:46 | イベント | Comments(0)

不忍ブックストリートの茶話会 「漫画と占い 『サングリアル~王への羅針盤~』が出来るまで」


私、ジャングルブックスの田波有希が監修、協力いたしました
月刊スピリッツの
サングリアル~王への羅針盤~が9月26日から連載開始いたしました。

それの裏話???
企画が形になるには、どんなことが起きて、何が必要で、
みんなどうやってやっているのか?
漫画が出来るまでの熱い10ヶ月についてお話しします。



以下不忍ブックストリートからの転載です。

不忍ブックストリートの茶話会、10月は28日(水)に開催します。

場所はいつもの〈ブーザンゴ〉です。


気軽に参加して、自由におしゃべりしてください。

21時から、雑司が谷〈JUNGLE BOOKS〉の田波有希と

小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」編集部の瀬尾亞佑さんに

「漫画と占い 『サングリアル~王への羅針盤~』が出来るまで」

と題してお話しいただきます。

「月刊スピリッツ」11月号から連載のはじまった寺山マルさんの

『サングリアル~王への羅針盤~』に、占い師として監修協力した

ジャングルユキさんと、この作品を企画し編集する瀬尾さんに、

作品が生まれるまでの経緯をお聞きします。



ユキからのメッセージ

「漫画と占い。良さそうだけど、意外と絵にすると華のない企画が

何故か漫画になった。企画とコンテンツが、人との出会いで一つの

形になるまでのあれやこれやをお話しします。3人の出会いと漫画

連載までのココだけの話です」

不忍ブックストリートの茶話会、10月は28日(水)に開催します。

場所はいつもの〈ブーザンゴ〉です。

気軽に参加して、自由におしゃべりしてください。



一箱古本市や不忍ブックストリートの話もできます。

みなさまお誘い合わせのうえ、お越しください。



「漫画と占い 『サングリアル~王への羅針盤~』が出来るまで」

日時 2015年10月28日(水)20:00~23:00頃(出入り自由)

場所 ブックス&カフェ・ブーザンゴ

〒113-0022 東京都文京区千駄木2-33-2

TEL & FAX: 03-3823-5501

http://www.bousingot.com/


参加費 各自オーダーのみ

お問合せ 不忍ブックストリート実行委員会

shinobazu@yanesen.org


☆お勤め帰りに立ち寄っていただけるお時間です。

☆カフェメニューはブーザンゴHPでもご覧いただけます。

 みなさまのおでかけをお待ちしています。




[PR]
by Junglebooks | 2015-10-08 18:46 | イベント | Comments(0)

本郷 雑貨屋ミッテさんとコラボ企画

3月29日日曜日は本郷の雑貨屋ミッテさんで出張鑑定です。

ミッテさんは東欧の雑貨を扱う、素敵なお店。

偶然にも一箱古本市やみちくさ市で出店が近かったりして、ご縁があったんですが、

最近また再会して盛り上がり、コラボ企画をすることに。

ミッテさんの東欧雑貨素晴らしいので、占いしないでも是非お出かけくださいませよー。

14:00~19:00


こちらにミッテさんが記事を書いてくださってます。

今回はご予約はミッテさんにお願いします。(^∇^)

http://hongomitte.exblog.jp/24259929/



メニュー外のご予約、お問い合わせ、金額やメニュー、ご案内はこちらHPです。

http://junglebooks.wix.com/junglebookstop

[PR]
by Junglebooks | 2015-03-24 14:21 | イベント | Comments(0)

不忍ブックストリート茶話会のお知らせ

イベントのお知らせです。

2月の茶話会 

「私の徒弟制度 堀友三郎先生のこと」

日時 2015年2月18日(水)20:00~23:00頃(出入り自由)

場所 ブックス&カフェ・ブーザンゴ

〒113-0022 東京都文京区千駄木2-33-2

TEL & FAX: 03-3823-5501

http://www.bousingot.com/

参加費 各自オーダーのみ

お問合せ 不忍ブックストリート実行委員会

shinobazu@yanesen.org

☆お勤め帰りに立ち寄っていただけるお時間です。

☆カフェメニューはブーザンゴHPでもご覧いただけます。

 みなさまのおでかけをお待ちしています。
占い師で普段人様にペラペラと喋って、占いの授業もして、
以前は大学の助手だったりいたしましたが、
実はあがり症で5人以上沢山の人になるとめっちゃキンチョーしてしまいます。
ジャングルイベントも他の方々がお話する中ノリツッコミ的な状態なので話せますが。

今回は自分で主題を決めて話すかなり珍しい機会ですので是非お越し下さいませ。

お申し込みは
不忍ブックストリートまで
http://d.hatena.ne.jp/shinobazukun/20150206
[PR]
by Junglebooks | 2015-02-07 12:44 | イベント | Comments(0)

いまあえてカセットブックを出版するとしたら会議 完了記事!

e0178150_21285179.jpg
「いまあえてカセットブックを出版するとしたら会議」
音楽とカセットブックの親和性
大盛況で終了いたしました。

店を年末大掃除!
結構人が入るんだと実感しました。
昨日は総勢16名でした。

カセットブックのイベントは二回目ですが、一回目も主催の南陀楼綾繁さんと平山亜佐子さんが大喜びするほど、カセットブックに詳しいお客様が現物を持っていらっしゃって、ものすごく時代と出版を明確に現物と見ることになりました。

二回目はゲストにEP-4の佐藤 薫さんという豪華なゲストがいらして下さり、
「どうして来て下さったんですか?」(このような地味なところに的な感じでした 笑)
から始まりましたが、内容は
「こんな話まで聞けるのか⁈」
という満足の2時間でした。
e0178150_01341159.jpg
1980年代の音楽シーンと出版となにより流通のお話が聞けたのが良かった。

この三人が会する不思議さを感じてましたが、佐藤 薫さんの音楽シーンと出版事情の知識やご自身の経験を正直に語って下さるのを、南陀楼さんが持ち前の編集能力で話を整理してまとめ、平山さんが非常に素直でストレートな感想や質問をする情景は素晴らしかったです。
(平山さんは日本の録音史年表も作って来てくださり今後大事な資料になります。)

音楽は音楽のカテゴリとか誰と誰が合うのかとか、そんなの場を提供する側は何も考えないでいいなぁと毎度実感します。

語り部とお客様が空間を作り出し、話が盛り上がり、

打ち上げもいろんな方向から来た方々が集って大変盛り上がりました。

写真に楽しさが現れています!
e0178150_21285448.jpg

[PR]
by Junglebooks | 2014-12-14 21:24 | イベント | Comments(0)

第二回「いまあえてカセットブックを出版するとしたら会議」参加者募集!

「いまあえてカセットブックを出版するとしたら会議」
第二回 音楽とカセットブックの親和性

記録メディアの進化の中で、
いまや絶滅のがけっぷちにある カセットテープ。
しかし、1980年代には、そのカセットを媒体とする
「カセットブック」 という出版形態が
最先端の存在だったのです。
この会議は、個人による
出版・リリースが安くかつ簡便になった時代に、
「いまあえてカセットブックを出版するとしたら」 を
シミュレーションするものです。
話し合いの成果を元に、
実際にカセットブックを出版する所存であります。

第二回は
ペヨトル工房より1983年に発売されたカセットブック
『制服・肉体・複製』を
企画、出版し、新たな潮流を引き起こした
ダンスミュージックバンド「EP-4」の首謀者、
佐藤薫氏をゲストに招き
カセットブックに関わる当時の動向、
制作時における方法や編集に関する事を
聞いていきます。


出演 南陀楼綾繁×平山亜佐子
ゲスト 佐藤薫(EP-4)


佐藤薫
日本のポストパンクにおける重要なバンドのひとつ、
EP-4のリーダー。プロデューサー。
ペヨトル工房の「夜想」、工作舎の「遊」など出版メディアにも深くかかわり、
カセットブックを真っ先にリリースした。
90年代突如としてシーンから姿を消していたが近年活動を再開。
《カセット&ラジカセ普及企画》の一環として発売されるオムニバス・カセット
『カセットレボリューションVOL.2』に参加。

南陀楼綾繁(なんだろう・あやしげ)
1967年生。ライター・編集者。古本、新刊、図書館、ミニコミなど、
本に関することならなんでも追いかける。
「不忍ブックストリートの一箱古本市」発起人。
「一箱本送り隊」呼びかけ人。
著書『一箱古本市の歩きかた』(光文社新書)、『小説検定』(新潮文庫)ほか。

平山亜佐子(ひらやま・あさこ)
挿話蒐集家、デザイナー、音楽家。
著書に『20世紀 破天荒セレブ ありえないほど楽しい女の人生カタログ』(国書刊行会)、
『明治大正昭和 不良少女伝 莫連女と少女ギャング団』(河出書房新社)。
11年から一人で『純粋個人雑誌 趣味と実益』発行。
唄のユニット2525稼業主宰。

日時 2014年12月13日(土)18:30~
場所 ジャングルブックス
参加料1800円(1ドリンク付)
定員12名

ご連絡お申し込みは
junglebooks??castle.ocn.ne.jp
お手数ですが??を@に替えてご連絡下さい。

お問い合わせは上記メールかジャングルブックスにお電話にて。
03-6914-1747

ジャングルブックス
豊島区雑司が谷2-19-13ステラ護国寺B1
JR池袋、目白、東京メトロ雑司が谷、護国寺下車 03-6914-1747
[PR]
by junglebooks | 2014-11-20 00:44 | イベント | Comments(0)

あれはなんだったんだろう 第4回のお誘い

『あれはなんだったろう』第4弾です。


『あれはなんだったんだろう』大好評です。
参加者の喜びはもちろんのことながら、私が一番ハマっています。

今回はいつも通り皆さんも勿論話せますが、
ネタ持ちのゲストをお呼びしました。

JOJO広重さん!
ネタに期待です。
一個聞いただけでも面白かった!

皆様、ネタのない方も聞きに来てください。
勿論時間はたっぷりあるので、ある方も歓迎します。

私も3本用意しております。笑

Twitterの#あれはなんだったんだろう でもいらっしゃれない皆様もネタ募集中です。

別に怖い話じゃなくていいんですよ~
てか心霊体験じゃなくても、身近な不思議がいいのです~

ゆるくて気楽で最初から
いきなり飲み会形式で、
適当にオチがあろうとなかろうと語りましょう。

みんなで飲みながら輪になり、話していきます。
話したい人大歓迎!聞くだけでも大歓迎!
実体験でも聞いた話でも大丈夫!

平山亜佐子さんのデジオ
2525DEGIO ガブリエルの葉っぱ
http://2525kagyo.seesaa.net/article/373108056.html

で「あれはなんだったんだろう」と題して、
謎の体験をいろんな人から聞くコーナーをやっています。
もし可能でしたら、了承してくださった方に限り録音させていただいて、
デジオで流すことができたら嬉しいです。


3月21日(祝)金曜日 18時から

遅れて来ても問題ないです。
途中退出もOKです。
自由時間参加制です~。


参加費1000円です。
(飲食費コミです。
持ち込み大歓迎!)

定員8名


ご連絡お申し込みは

junglebooks??castle.ocn.ne.jp
お手数ですが??を@に替えてご連絡下さい。

お問い合わせは上記メールかジャングルブックスにお電話にて。
0369141747


平山亜佐子プロフィール
1970年4月8日生まれ、 兵庫県出身。
東京都を拠点に、挿話蒐集家/デザイナー/音楽家として活動中。
書籍や雑誌のデザイン、さまざまな挿話(エピソード)を鑑賞して文章にすること、歌のユニット2525稼業を営んでいる。
既刊本に『20世紀 破天荒セレブ ありえないほど楽しい女の人生カタログ』(2008年、国書刊行会)/『明治 大正 昭和 不良少女伝 莫連女と少女ギャング団』(2009年、河出書房新社)。11年5月に『純粋個人雑誌 趣味と実益』創刊。三ヵ月に一冊発行予定。

JOJO広重プロフィール

1959年京都生まれ。1979年、即興演奏+大音量くをコンセプトにした
世界初のノイズバンド「非常階段」を結成。
過激なライブパフォーマン スと究極のノイズ演奏が話題となり、
ロック、パンク、インプロ、ジャズなどの世界で活躍。
「非常階段」は現在も精力的に活動中で多数のアルバムを国内外でリリース 、
ライブ演奏も活発に行っています。

1984年に大阪にてアルケミーレコードを設立。非常階段をはじめ
個性的なアーティストをリリース。
現在も世界最古参のインディーズレーベルとして魅力的なアーティストを数多く発掘しています。

それだけではなく断易占いの専門家として多くの人を鑑定し、
大阪には占いサロンFUTURE DAYSも開いています。

恋愛・仕事の悩みを解決するために的確なアドバイスをくれる占い師ミュージシャンです。
[PR]
by Junglebooks | 2014-03-01 16:40 | イベント | Comments(0)

「いまあえてカセットブックを出版するとしたら会議」 参加者募集!

新しいイベントが始まります。
ご興味のある方是非ご参加下さい。


「いまあえてカセットブックを出版するとしたら会議」


第一回 カセットブックとは何ぞや?

記録メディアの進化の中で、
いまや絶滅のがけっぷちにある
カセットテープ。

しかし、1980年代には、そのカセットを媒体とする
「カセットブック」
という出版形態が最先端の存在だったのです。

この会議は、個人による出版・リリースが安くかつ簡便になった時代に、

「いまあえてカセットブックを出版するとしたら」


をシミュレーションする
ものです。
話し合いの成果を元に、実際にカセットブックを出版する所存であります。

最初となる今回は、さまざまなカセットブックを見て、音源を聴きます。

みなさんの自宅の片隅に眠っているカセットブックがあれば、ぜひお持ちください。
カセットブックの代わりに、秘蔵のカセットテープも歓迎します。

カセットテープ世代も未使用世代も、お気軽にご参加ください!

出演 南陀楼綾繁×平山亜佐子



南陀楼綾繁(なんだろう・あやしげ) 1967年生。ライター・編集者。古本、新刊、図書館、ミニコミなど、本に関することならなんでも追いかける。「不忍ブックストリートの一箱古本市」発起人。「一箱本送り隊」呼びかけ人。著書『一箱古本市の歩きかた』(光文社新書)ほか。


平山亜佐子(ひらやま・あさこ)
挿話蒐集家、デザイナー、音楽家。著書に『20世紀 破天荒セレブ ありえないほど楽しい女の人生カタログ』(国書刊行会)、『明治大正昭和 不良少女伝 莫連女と少女ギャング団』(河出書房新社)。11年から一人で『純粋個人雑誌 趣味と実益』発行。


日時 2014年2月28日(金)19:30~

場所 ジャングルブックス 

豊島区雑司が谷2ー19ー13 ステラ護国寺B1

03-6914-1747

参加料1000円

打ち上げ飲む人1000円飲まない人700円

定員10名

連絡先
junglebooks@castle.ocn.ne.jp
田波まで(どちらの田波でも大丈夫!)
[PR]
by Junglebooks | 2014-02-28 23:16 | イベント | Comments(2)

暗黒大陸 怨カルトナイト 第4稿

大分間が空いてしまいました。
怠惰の極みです。

さて、『怨カルトナイト』皆さんにあれはなんだったんだろうと混同されていますが、
『怨カルトナイト』はオカルト、カルト本について語るイベントです。
またやりたいので地道に記事アップ。

さあ続きます。
http://jbooks.exblog.jp/21377548/
http://jbooks.exblog.jp/21058465/
http://jbooks.exblog.jp/21007523/

上記は前記事です。

平 では、宇宙存在はとりあえず置いといて。

ユ 次はベティ・シャインの『スピリチュアル・ヒーリング』です。  
  昔読んで今回再読したんですが。

平 これは何の本ですか?

ユ えっと、この本は一人の人が霊媒師になってゆく過程がかいてあるんですが。

虎 ほうほう。

ユ なんてゆうかこのあたりだと、力が本物か偽物かは置いといて、
  霊媒師になる側も霊媒師にかかる側も思いが真摯なんですよね。   
  死とか、病気とか命に直面して、何でもいいからすがりたい、
  救いが欲しい。   
  また、霊媒師サイドもその思いに応えて、
  キリスト教の神父とか牧師とかみたいに、
  奉仕するとか呼ばれたら雪の中に必死に行くとか、
  なんかね、事はどうあれうたれる部分はあるんですよ。   
  こっちの大陸書房の『現代日本の霊能力者たち』もそんな感じです。

平 なるほどね~

ユ で、どの当たりから儲かるとか欲得にスライドしていったのか、
  今回かなり興味持ちましたね。

平 ん~!明らかに景気がいい頃の本だよね。
  『マーフィの法則』とかさ。

虎ユ はははははそうだね。

ユ マーフィの本って凄いんですよね。   
  お金が欲しいとただ思いなさい。
  具体的な方法や手段を考えてはいけません。   
  もっと漠然と思いなさい。
  ってあって成功例が書いてあるんだけど 、、、

平 引き寄せの法則みたいな?

ユ そうそう引き寄せの法則の始まりですよ。     
  お金が欲しいと思ったら、そう書いて封筒に入れて
  しまっておくんですって。   
  そしたら、ある人は突然地面に封筒に入ってる
  大量のお札がが落ちているのを拾うの。

平虎 えーーーーーーーーなにそれ!!!!

虎 単純にどろぼうでは?

ユ それがご自由にお使い下さいと書いてあったんだって。

平虎 えーー犯罪入ってるじゃーん。    
  
   ツィッター炎上物件だね。

ユ そう、なんてゆうかなこのあたりから。。。。

平 邪な?

ユ そうそうスピリチュアルが神聖さとか、
  怖さとかなくてかるーいいんだよね。

平 で、もっと軽いのがこちらの本と。
(『BOSTON CLUB 超能力と経営の科学の本』を指す)

ユ そそそ。そうなんだよね。内容が全くない。うすっぺらい。  
  超能力と経営の科学だよ!

虎 でも、中身の薄さを編集の人が頑張って頑張って
  濃く見せようと努力しているところは買います! 

(ここから、ずーっと超能力と経営の科学の内容について
3人でずっと盛り上がる。 横文字のオンパレード。
オートマチックライティングレボリューション、
インナーライト・アーティスト、ワンウェイコーポレーション
エモーショナル・マーケティングテロリスト(EMT)という言霊に囚われる発言等)

笑いが止まらない状態。


虎 アチャコさんエモーショナル・マーケティングテロリストって
  名乗ってなんかやれば~笑  

平 えーワンウェイコーポレイション所属の?

ユ みんなで何かの下にテロリストとつけて名乗り合おうよ~笑

平 だんだん名作に見えてきた、この本!  


虎 これ(『呪いの除け方、呪いの解き方』川井春水 三五館)は?呪い?
  若い娘さんむけのライト感覚な・・・   装丁もそんな感じの。 

ユ 平山さんがすごく帯で喜んでくれた。

平 ははっ。「見知らぬ人から呪われる時代になったものです」(帯コピー)。

全員大爆笑

ユ えっとね、前のはバブルに対して用意させて頂いたものですけど、
   こちらはバブル後の貧乏になってから、お金のかからないスピというか。   

  満員電車で呪われちゃったりするんですよ。

平 エー誰に?

ユ 知らない人にだよ~   

平(小見出しを読んで)「プレゼントにガラス食器を選びませんでした?」  

虎 人にプレゼントはしない。

平 「足のつめはいつ切りました?」

虎 昨日。

平 「空っぽの花瓶が危ないのです」

虎 家に花瓶なんてない。

平 じゃ、生活変えてみようか。

虎 非の打ちどころがないと生活を変えないといけないって・・・あなた!笑

平 ははは。普通のことしか書いてないんだね。   
  「履歴書は手書きで」ってハローワークみたい。

虎 今、ハローワークでも手書きって言わないよ~

平 微妙にずれてるよね。
ちょっとついてないくらいの話を、呪いとか解き方ってねえ。   
   そんな大変なことかと。     

ユ そうそう、2000年代になるとライトもここまで来たかって感じなんですけどね。   
  金儲けから、貧乏でも日々楽しく過ごしましょうみたいになってきたって いうか。  
  スピリチュアル日常化?

平 著者の川井春水さんのプロフィールが盛り込み過ぎてる。   
  しかも一冊目と二冊目で変わってる! 
  ブレてない?

ユ 写真も内容も違うんだよね。  

平 あーーーーーーすごい!
  臨死体験とか書いてあったのになくなってる。   
  実はどうでもよかったのか?   
  一冊目(2008年発行)と二冊目(2009年発行)の間になにがあったのか?

みんなで和気あいあいと本を見合う。
いろいろ意見が飛び交う。

平 この本の続報求ムってことで。 次はバシャール?   
  ユキさんが出したいって言ってた「バシャールテスト」を。

ユ そうじゃやりましょうか。  

私が心理テストのようなバシャールテストをみなさんに出しました。
ジャングルイベントにいらした方の特典?です。
バシャールテストの最後が死後の世界についてだったので、そこから引き継いで平山さん。


平 死後の世界といえば臨死体験の本があるんですが
  (『かいまみた死後の世界』レイモンド・A.Jr.ムーディ)
  科学者が一回死にかけた人にインタビューして出来た本です。
   面白いのが、臨死体験の記憶ってみんな似通ってるんですよね。
  この本は母親が発売当時の1970年代に読んでいて、
  私は一人っ子なのですごく母親の影響を受けて
  育ってるんですが、この時も親がはまって
  
  『死後は怖くないよ!』 って力強く言われましたね。

会場大爆笑。  

平 「バシャール」にハマったのも母親なんですよ。
  シャーリー・マクレーンの『アウト・オン・ア・リム』も。   
  70年代に青春をおくっただけあってこの手の本に弱い。  

ユ これ死後の世界って西洋と日本は大分違いますよね。   

平 表現の違いか文化圏の違いか……。

ユ どうだろね。

虎 『丹波哲郎の大霊界』って結構良かったんですけど、
  皆死んだら20歳になるんですよね。 
  あれイイナって思って。

ユ 結構、酒池肉林な感じでしたよね。

この後、下ヨシ子『下ヨシ子の死後の世界 (図解雑学)』を見ながら、三途の川等について話す。

平 この人は真言密教って書いてあるけどどんな方?

ユ 本コワとかに出てて、お祓いとかしてたよ。

平 ちゃんとした人?

ユ わかんない。でもお金はいっぱい取ってるみたい?
  お祓い料100万とかいう噂が。

平 でも、この本はなー。この地獄とかどうなの?
  なんかなー表現がなー役所のパンフレットみたい。
  あることとして、当然のように書いてあるけどいったの?
  この人なんだろうね。
  働きぶりも霊次第?
 
ユ 自分が働けないと霊のせいなんだね。
  なんかこの本も欲っぽいよ。最低最悪の状態とは?

健 その本長いよ。終わらなくなっちゃう。
(そういわれるくらい例題を出しまくっていた)
 
ユ そうだね。じゃあ次に行こう。

続きます。最後は虎バタさんのこわーいい話だよ!」
[PR]
by Junglebooks | 2014-02-25 14:21 | イベント | Comments(0)

雑司が谷選集検討会議 参加者募集

雑司が谷選集参加者募集 


色々な作家の小説やエッセイ、日記、また地域の古い文献などの中から
『雑司が谷!』の街や人場所がほんの少しでも出てくるものを探してお話しします。

本の中から雑司が谷ですが、ゆるく創造的に(想像的に?)を目的とした会にしたいとおもいます。

 『雑司が谷選集』検討委員会会議>
―――参加者の皆様が会員です。
『雑司が谷選集』刊行に関係ありそうななさそうなお話を
テキトーにいたしましょう―――

『雑司が谷選集』という一冊の未完の本を巡る他愛無い飲み会的会議、
というのが目標です。



前回と同じく案内役の瀬戸さんと語り部の余吾さんが雑司が谷を面白く語って、
しかも勉強になる〜!

今回は私達良い会にする為に会議もして、時間もかっきり終わらせるつもりです。

 
今回は余吾さんは
~~「雑司が谷史(誌)」の先達、金子直徳(かねこなおのり)の「いろは」~~

金子直徳は、18世紀から19世紀、安永から文政期にかけて雑司が谷に居を構え、
大田南畝の求めに応じ、近隣の伝承や文書を蒐集し、
雑司が谷、目白、高田の地誌『若葉の梢』(寛政10年刊)を著しました。
一方で、現在にまで伝わる様々な寄進をした法華宗の篤信者でもあります。

私たちの「雑司が谷選集」にとって欠く事の出来ない先達。
今回は、相方瀬戸さんの
「よごさん、金子さんって、どんなひとなの~?」というリクエストに応じて、
金子直徳について、お話しします。


瀬戸さんは木山捷平を紹介するようです。

毎度の瀬戸小物も楽しみのひとつ。


勿論読んで来なくて大丈夫ですが、『こんな雑司が谷の文章ありますよ〜』って方は是非ともお持ち下さい。


雑司が谷ご当地グルメの打ち上げもあります。

ご連絡は
0369141747
junglebooks★castle.ocn.ne.jp
★を@に変えてお送り下さい。

日時1月18日(土)19:00~21:00ま



語り手
雑司ヶ谷霊園石仏研究家 星跡堂主人
余吾 育信

http://zoushigaya.seesaa.net/

古書 往来座店主
瀬戸 雄史
http://www.kosho.ne.jp/~ouraiza/




いつも通り参加料1000円
打ち上げ飲む人1000円飲まない人700円
定員10名

連絡先
junglebooks@castle.ocn.ne.jp
田波まで(どちらの田波でも大丈夫!)
[PR]
by Junglebooks | 2014-01-08 19:10 | イベント | Comments(0)

フォロー中のブログ

最新のコメント

くぼたさま 今更の..
by Junglebooks at 21:32
はじめまして。カセットブ..
by くぼた at 09:14
コメントに気づくのが遅く..
by junglebooks at 12:45
コメント有難うございます..
by Junglebooks at 01:16
ご無沙汰してます、折角告..
by CLS at 17:13
此方でも告知して頂けると..
by CLS at 18:50
CLSさま:みちくさある..
by Junglebooks at 15:10
近所に居住する者です..
by CLS at 18:23
シェインさん 書き込みあ..
by junglebooks at 13:45
中脇初枝の新作は虐待!?..
by シェィン at 23:16

最新のトラックバック

夏目漱石の『心』から見る..
from やねせんカレンダー
FUTURE DAYS ..
from やねせんカレンダー

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル