密林生活 junglebooks


月休 営業時間12時ごろ~20時ごろ TEL03-6914-1747 豊島区雑司が谷2-19-13ステラ護国寺B1F ★買い取り歓迎
by Junglebooks
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

雑司が谷散歩 ぞうさんぽの巻

坂道を巡る小さな旅です。

雑司が谷=谷とつく土地は何処も傾斜が激しい。

うちの店の前も思いっきり下ってますが、今回は目白台の方へ。

四谷怪談は実は四ツ家だったことを伺う。目白通りと鎌倉街道の十字路の辺りが四ツ家だったそう。

そこの坂から追い落として、神田川の戸板にお岩を乗せて流したらしい。

筋はそちらの方がとおってますねー
e0178150_14243634.jpg


ただ坂の写真が多すぎてどれがどれだか。多分この急勾配?か?

e0178150_14243853.jpg



次は日本女子大脇の幽霊坂。幽霊坂が近辺に二つもあります。

昔は真っ暗で昼間も街頭つけなきゃいけなかったんだって。
e0178150_14244098.jpg


暗かったころの名残の名前も沢山ある。日無し坂とか。

e0178150_14244225.jpg

e0178150_14244318.jpg



更に続くさかさかさか。
e0178150_14244432.jpg

e0178150_14244633.jpg

e0178150_14244789.jpg

e0178150_14244967.jpg



こんな写真も感じつつ雑司が谷選集に来てくださいませ~
[PR]
by Junglebooks | 2012-11-20 13:06 | イベント | Comments(3)
Commented by CLS at 2013-02-27 18:23 x

近所に居住する者です、以前から「みちくさあるき」(ぞうさんぽ)に参加したいと、思ってるのですが、毎回告知を見落としており、未だ参加できない状態です...

"昔は真っ暗で昼間も...”は目白台1丁目の幽霊坂ではないかと思いますが?
2丁目の幽霊坂は、本住寺の廃寺(明治中期?)後は民家、印刷所でそれほど暗くは無かったはずです

江戸期は、旗本屋敷と寺の間だったので、暗かったでしょうね
この頃の幽霊坂、弦巻川、鬼子母神、四ツ屋のの親分等が、頻繁に出てくる、諸田玲子女史の”御鳥見女房"シリーズ(新潮文庫)を読まれると江戸期のこの近辺がうかがえます。

確か、第一話は"幽霊坂の女”でした。

Commented by Junglebooks at 2013-03-03 15:10
CLSさま:みちくさあるきぞうさんぽは私も参加者で、告知はみちくさ市で出ていると思いますが、こちらでも今後告知するようにいたしますね。
流石ご近所詳しいのですね~
同行のご説明の方によると、昭和初期まで日本女子大の脇の坂も相当暗かったようです。

諸田玲子さん外箱に入ってたの売れてしまった!今度読んでみます。
ありがとうございました。
Commented by CLS at 2013-03-04 18:50 x
此方でも告知して頂けるとの事、ありがとうございます、お手数おかけしますが宜しく無お願いします。

2丁目の幽霊坂”昭和初期まで...相当暗かった”木が生い茂ってるとするととすると、女子大川の木が茂ってたと言う事でしょうかね?

地形図で見ると明治42年は、西側のお寺の敷地はまだ残ってて、この時点では暗かったと思います。
大正5年、10年版だと不忍通り川には空き地がありますね、昭和7年版に成ると私の記憶にある、路地も描かれてます

お鳥見女房シリーズ探してみました、蛍の行方以外の4冊は見つかりました蛍の行方は何処??、明日もう少し探してみます

フォロー中のブログ

最新のコメント

くぼたさま 今更の..
by Junglebooks at 21:32
はじめまして。カセットブ..
by くぼた at 09:14
コメントに気づくのが遅く..
by junglebooks at 12:45
コメント有難うございます..
by Junglebooks at 01:16
ご無沙汰してます、折角告..
by CLS at 17:13
此方でも告知して頂けると..
by CLS at 18:50
CLSさま:みちくさある..
by Junglebooks at 15:10
近所に居住する者です..
by CLS at 18:23
シェインさん 書き込みあ..
by junglebooks at 13:45
中脇初枝の新作は虐待!?..
by シェィン at 23:16

最新のトラックバック

夏目漱石の『心』から見る..
from やねせんカレンダー
FUTURE DAYS ..
from やねせんカレンダー

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

本・読書
イベント・祭り